ベルク

イオン(千葉県)傘下の食品スーパー企業であるベルクは、埼玉県を拠点に関東地方で店舗を展開している。2020年2月期の連結業績は、営業収益が2394億円(対前期比6.2%増)で29期連続の増収を達成。当期純利益は72億円(同11.0%増)で過去最高益を記録している。

既存商品の改良や販促強化、接客レベルの向上による客数・客単価アップが好業績に寄与した。既存店売上高は同2.9%増で、7期連続で前期実績を上回っている。20年2月期は6店舗を新規出店する一方、1店舗を閉店した結果、期末時点の店舗数は116店舗となった。

ベルクは、低価格帯の「くらしにベルク」と高付加価値型の「くらしにベルク グランデ」という2種類のプライベートブランド(PB)を、生鮮食品や加工食品、日用品など260品目で展開。そのほか、イオン系列のPB「トップバリュ」も取り扱う。20年2月期は、とくに「くらしにベルク」の品揃えを拡充した。ベルクは、徹底的な標準化による生産性の高さが強みだ。店舗では、省力化につながる器具の導入や作業割当システム(LSP)の活用によって効率的なオペレーションを実現している。また、これまでに71店舗でセミセルフレジを設置し、レジ待ち時間の解消とさらなる生産性の向上につなげている。

ベルクの外観

代表取締役社長 : 原島 一誠

売上高売上高
総利益率
売上高
営業利益率
売上高
販管費率
売上高
経常利益率
売上高
当期純利益率
300,268百万円25%4.3%21.3%4.6%3%

決算期:2022年2月 / 連結

© 2022 by Diamond Retail Media