ベルク AIカメラを活用した需要予測の実証実験を実施

Pocket

セーフィーのAIカメラとベルク
(セーフィー プレスリリースより)

 埼玉県を地盤とする食品スーパー、ベルク(埼玉県)は11月22日、セーフィー(東京都)のエッジAIカメラ「Safie One(セーフィー ワン)」を用いた需要予測の実証実験を行った。

 同社はこれまで、「ベルクデジタルラボ」の一環として、対象店舗にエッジAIカメラ「Safie One」を導入し、売り場での陳列や売り上げの確認に活用。売上拡大や業務改善に取り組んできた。しかしながら、商品陳列の決定に関しては、現場の経験と勘に基づく運営が定着し、店長や経験豊富な売り場スタッフが変わるたびに業績変動が生じるといった課題があった。

 今回、新たに開発されたソリューションでは、本部の指定基準と現場データを組み合わせ、ダッシュボードを提供することで、商品陳列の調整を一元的な基準で行えるようになる。

 具体的には、販売データ(POSデータ)と「Safie One」の「立ち入り検知」データを活用し、各販売計画に基づいて売り場で最も重視する項目を選択。売上高や粗利率をもとに各売り場の状況をシミュレーションする。

 これにより、本部と店舗が同じ視点で販売戦略を一元化し、小売業の生産性向上と生活者への顧客体験向上に取り組むことが可能となる。

 なお、同社ではこれまでにお弁当売り場のほか、プレミアムゾーン(入口企画/特別販売コーナー)、精肉売り場などで実証実験を行ってきたが、今後も各店舗や売り場への展開を継続していくという。

【店舗検証 概要】
・対象店舗:ベルク 砂田店(埼玉県東松山市)、前橋大島店(群馬県前橋市)、川越むさし野店(埼玉県川越市)、浦和根岸店(埼玉県さいたま市)、岩槻宮町店(埼玉県さいたま市)、フォルテ太田店(群馬県太田市)
・Safie対応導入機器:「Safie One」(各店舗計4台)

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態