オーケー

 オーケーの2021年3月期業績は、営業収益が5089億円(対前年同期比16.7%増)と初めて5000億円を突破。営業利益は303億円(同32.8%増)と大きく伸長した。新型コロナウイルス感染拡大により20年度は食品スーパー各社が“特需”に沸いたが、同社はなかでも突出した成長を見せている。加えてコロナ以前の19年3月期から営業収益と各利益ともに3年連続で2ケタ増を遂げており、同社の勢いが窺える。オーケーは「高品質・エブリデー・ロープライス」を掲げ、毎日、地域いちばんの最安値で商品を提供することを基本方針とする。その原資を捻出するべく標準化した店づくりや店舗作業の効率化を進めており、従業員1人当たりや売場面積1㎡当たりの売上高は一般的な同業他社より高い。

© 2021 by Diamond Retail Media