ついに関西進出! オーケーが大阪に旗艦店を出店へ 気になる1号店は大型店?

小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

オーケー(神奈川県)は10月6日、2024年前半をめどに大阪府東大阪市に出店すると発表した。関西進出をめぐっては、百貨店大手のエイチ・ツー・オー リテイリング(大阪府)と関西スーパーマーケット(兵庫県)の争奪戦を繰り広げたオーケー(関連記事)。悲願の関西1号店はどのような店になるのだろうか。

飛び交うM&Aの噂

 オーケーとエイチ・ツー・オーによる関西スーパー争奪戦が決着したのが2021年末のこと。22年に入ると、食品小売の関係者から「オーケーが関西のローカルチェーンに接触している」という噂が聞こえてくるようになった。

 22年8月にはオーケーが大阪のローカルチェーンの買収を予定しているとの報道が流れたものの、ローカルチェーン側が「オーケーとは一切関わりはない」として否定するリリースを発表。そのほかにも、オーケーの買収候補として複数のチェーンの名前が挙がっており、「何が本当なのかわからない」(ある食品スーパーの幹部)という状況だったのがこの夏のことだ。

 オーケーの関西進出は自力出店ではなくM&Aか──。そうした観測が広がる中で出されたのが今回のリリースである。

 オーケーが今回取得したのは、大阪府東大阪市高井田にある3626.35㎡の土地。東大阪市が保有する土地をオーケーが入札で落札したかたちだ。

 場所は阪神高速道路の高井田出入口の近く、オーケー広報事務局によれば、元々は市営住宅があった土地で現在は更地になっているという。東大阪市の公示によれば、落札金額は27億4242万円となっている。

 出店予定地の周辺は「ライフ高井田店」を筆頭に、「万代森河内店」「スーパーマルハチ高井田店」などが徒歩圏内にある食品スーパーの激戦区。また、東大阪市は万代(大阪府)が本部を置く、同社のお膝元であり、オーケー進出による競争激化は必至だ。

 取得した土地は契約を経て11月中旬にオーケーに引き渡されるとのことで、店舗の開業は24年前半になるとしている。

 オーケーではこの店舗を「関西エリアにおける旗艦店」と位置付け、関西マーケット侵攻の足がかりとする構えを見せている。この店舗が関西1号店になるかは未定とのことだが、M&Aなどがない限りはこの店舗が事実上の関西1号店と言ってよさそうだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media