青果に「凍眠市場」コーナー導入… オーケー最新店、「所沢店」に見るMDの進化

2020/12/16 05:58
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

 オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)は12月1日、埼玉県所沢市に「オーケー所沢店」(以下、所沢店)を開店した。「高品質・Everyday Low Price(エブリデー・ロープライス:以下、EDLP)」を掲げ支持を拡大している同社の最新の商品政策(MD)をレポートする。※商品の表示価格はオープン時・特別価格の場合があります

12月1日にオープンした「オーケー所沢店」
12月1日にオープンした「オーケー所沢店」

イオン跡地に開業した
商業施設に大型店を開店

 所沢店がオープンしたのは西武新宿線「所沢」駅から北西約450m。2019年9月に閉店した「イオン所沢店」跡地にオープンした大型商業施設「トコトコスクエア」の地下1階に入る。売場面積は約1940㎡でオーケーのなかでは比較的大型の店舗となる。

 オーケーの店舗は、基本的にワンウェイの売場レイアウトで標準化されている。所沢店も同様だが、そうしたなかでさまざまな最新のMDが導入されているのが特徴だ。

 順に紹介していくと、まず近年オーケーが積極的に商品開発を進めているのが冷凍食品だ。

 所沢店では、同社で初めて青果売場に「凍眠市場」コーナーを導入した。液体急速凍結方式を採用した最新の凍結機を使い、青果を現地で凍結することで、獲れたての鮮度を維持した状態で消費者に届ける。

青果売場に新たに導入した「凍眠市場」コーナー
青果売場に新たに導入した「凍眠市場」コーナー
開店日は専用の什器で、「栃木県産いちご(とちおとめ)」(100g298円:税抜・会員現金払い価格、以下同)や「茨城県産むき生栗」(100g698円)など計6SKUを販売していた
開店日は専用の什器で、「栃木県産いちご(とちおとめ)」(100g・298円:税抜・会員現金払い価格、以下同)や「茨城県産むき生栗」(100g・698円)など計6SKUを販売していた


 同コーナーについてオーケー取締役の佐藤幹司氏は「獲れたての青果を冷凍しておけば、旬の時期を過ぎてもその青果をおいしい状態でお客さまに届けられる。今後、連携する農家の輪を広げて品揃えを拡充していく方針」と話す。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media