ムダを徹底的に省くことで低価格を実現する愛知の隠れた有力スーパー、カネスエ強さの秘密を徹底分析

調査・文=矢野清嗣
Pocket

ディスカウント特集

東海エリアで食品スーパー(SM)を運営するカネスエ(愛知県/牛田彰代表取締役)。同社は有力企業がしのぎを削る東海エリアで、圧倒的な低価格を武器に消費者の支持を得ている。カネスエはどのようにして低価格を実現しているのか。最新店舗を中心に、同社の戦略を探ってみた。(調査日:2020年10月18、19日)

カネスエ企業概要

本社所在地 愛知県一宮市大和町氏永字仲林140-1
設立 1951年
代表者 牛田彰代表取締役
店舗数 72店舗(カネスエ33店舗、Felna35店舗、旬楽膳4店舗)

生鮮はPC加工で店内作業を極力削減

カネスエ阿久比店の外観
カネスエ阿久比店

 カネスエは、愛知県一宮市に本拠を置き、愛知県のほか岐阜県、三重県に店舗を展開するSM企業だ。標準的な大型SM「カネスエ」33店舗、「近くにある利便性」「買いやすさ」を追求した小型S M「Felna」35店舗、素材や製法にこだわる高品質商品を扱うナチュラルフードストア「旬楽膳」4店舗を運営している。とくに大型SMの「カネスエ」は、商品を「お値打ち価格」で提供する価格訴求型の店舗で、地域住民の支持を獲得している。

カネスエ阿久比店のレイアウト
阿久比店売場レイアウト

 まずは2020年9月24日にオープンした最新店舗「カネスエ阿久比(あぐい)店」(愛知県知多郡:以下、阿久比店)から、カネスエの戦略について探っていく。同店は、名古屋鉄道河和線「巽ケ丘」駅から徒歩約5分の場所に立地する。地域住民に尋ねたところ、もともとは駐車場だった場所とのことだ。周辺には「セブン-イレブン」があるくらいで、SMの競合店がないルーラルな地域への出店である。

 阿久比店の売場はワンウェイ方式で、壁面は入口から青果・鮮魚・精肉・日配・総菜とオーソドックスな配置だ。棚割は前列に酒類や日用品、菓子、米、パンを、後方には調味料や即席麺、飲料、アイスクリーム、冷凍食品、チルド飲料などを配置し、通路幅を広く取り回遊性のあるレイアウトである。売場スペース構成比では、通常のSMが生鮮・日配で50~55%を占めるのに対し、カネスエは43%と低い。

カネスエ阿久比店のスペース構成比
スペース構成比

 カネスエの取り組みで注目したいのは、店内作業を可能な限り簡素化している点だ。青果、精肉、鮮魚といった生鮮食品はプロセスセンター(PC)で製造し、店舗では商品補充のみ行う。総菜は出来立てを訴求できる揚げ物は店内で製造しているものの、弁当や寿司などほかの商品はPCから供給されている。開店直後の8時には生鮮、加工食品、日配などがすべて補充されており、品出しの作業をする従業員はほとんど見かけなかった。一方、日曜日は客数が多いため、精肉や日配、野菜などは午前中のうちに補充作業に取り掛かっていた。夕方頃になると、棚の商品は少なくなり売り切れ商品があるが補充はしない。その日に仕入れた商品は、その日のうちに売る切る姿勢である。

会員には常に3%値引きを提供

 カネスエがお客の支持を得ている理由の1つが「カネスエファンクラブ」だ。入会金200円を支払うと入会でき、個人情報の登録は不要で、郵便番号のみを登録するシステムとなっている。会員になると、一部商品を除き、「本体価格×3/103(3%相当額)」が値引きされた金額で購入することができる。これは現金支払いの場合にのみ適用されるが、毎日3%相当額が値引きされるのは顧客にとって大きな魅力だ。同様のプログラムは首都圏でディスカウント型SMを展開するオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)も提供している。

 チラシは店内配布のみで、約10日間のサイクルで発行している。テーマを持たせた販促が特徴だ。10月24日~11月3日号では、ハロウィンをテーマに、野菜では「北海道産かぼちゃ」(100g当たり25円:以下、本体価格)や、「オランダ産パプリカ」(1個97円)を、そのほかネスレ「キットカットミニ」(1袋197円)、カネスエ「オリジナルピザ」(各種500円)などを掲載。また、鍋をテーマに「長野県産えのき茸」(1個77円)、「白菜」(2分の1カット27円)、「カナダ産プレミアムポークロースしゃぶしゃぶ(大パック)」(100g当たり87円)などを特売で提供していた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media