セブン&アイ

世界18の国と地域にコンビニエンスストア(CVS)やSM、GMS、百貨店、専門店などを展開するセブン&アイグループ。2021年5月、米ガソリンスタンド併設型CVSの「スピードウェイ(Speedway)」を買収し、21年度決算では、上場小売業で営業収益のトップとなった(22年2月期の営業収益は8兆7497億円)。グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」の売上高は、国内食品メーカー売上高トップ企業レベルの規模だ。

グループ経営戦略として、国内外CVS事業の連携の加速、セブン-イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂をグループ中核機能とする食品事業の競争力強化、事業ポートフォリオの見直しの継続などを進めていく。

また、セブン‐イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂は、「SEJ・IY・パートナーシップ(通称SIP)」を立上げ、商品やサービス、販売促進、店舗オペレーションなどのテーマについてシナジーの最大化をめざしている。

セブン&アイロゴ

代表取締役社長 : 井阪 隆一

売上高売上高
総利益率
売上高
営業利益率
売上高
販管費率
売上高
経常利益率
売上高
当期純利益率
8,749,750百万円16.1%4.4%26.7%4%2.4%

決算期:2022年2月 / 連結

1 2 3 12
© 2023 by Diamond Retail Media