イオン、セブン&アイの24年2月期決算分析 今後の成長戦略とは

大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)、雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

セブン&アイ・ホールディングス(東京都/井阪隆一社長:以下、セブン&アイ)とイオン(千葉県/吉田昭夫社長)が2024年2月期の通期決算を発表した。セブン&アイは海外コンビニエンスストア(CVS)事業のM&A(合併・買収)や百貨店子会社の売却、イオンは国内食品スーパー(SM)とドラッグストア(DgS)事業の再編と、直近1年間はビッグニュースが相次いだ両社。二大流通グループの決算はどのような中身となったのだろうか。

セブン&アイ
そごう・西武売却で最終減益も営業利益は過去最高

 セブン&アイの2024年2月期の連結業績は、営業収益が対前期比2.9%減の11兆4717億円、営業利益が同5.5%増の5342億円、経常利益が同6.6%増の5070億円、当期純利益が同20.1%減の2246億円。23年9月、そごう・西武(東京都/田口広人社長)の全株式を米フォートレス・インベストメント・グループ(Fortress Investment Group)へ譲渡したことで計上した特別損益の影響により最終減益となったものの、営業利益は過去最高を更新している。

セブン&アイロゴ

 トップラインが減収となった要因は、いまや営業収益全体の約75%を占める「海外CVS事業」だ。同事業の営業収益は同3.7%減の8兆5169億円、営業利益は同4.1%増の3016億円だった。事業の中核であり、ガソリンスタンド併設型店舗を展開する米セブン-イレブン(7-Eleven,Inc.)が、ガソリンの価格下落と販売量の減少により、チェーン全店売上高が同2.3%減と落ち込んだ。

 そのほか主要セグメントの業績を見ていくと、セブン-イレブン・ジャパン(東京都/永松文彦社長:以下、セブン-イレブン)を中心とする「国内CVS事業」は、営業収益が同3.5%増の9217億円、営業利益が同8.0%増の2505億円と増収・増益だった。セブン-イレブンのチェーン全店売上高は同3.8%増の5兆3452億円、既存店売上高は同3.0%増、全店平均日販は前期から2万1000円増の69万1000円といずれも前期実績を上回った。

 SM、総合スーパー(GMS)からなる「スーパーストア(SST)事業」の営業収益は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

記事執筆者

大宮 弓絵 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

1986年生まれ。福井県芦原温泉出身。同志社女子大学卒業後、東海地方のケーブルテレビ局でキャスターとして勤務。その後、『ダイヤモンド・チェーンストア』の編集記者に転身。最近の担当特集は、コンビニ、生協・食品EC、物流など。ウェビナーや業界イベントの司会、コーディネーターも務める。2022年より食品小売業界の優れたサステナビリティ施策を表彰する「サステナブル・リテイリング表彰」を立ち上げるなど、情報を通じて業界の活性化に貢献することをめざす。グロービス経営大学院 経営学修士

記事執筆者

雪元 史章 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

上智大学外国語学部(スペイン語専攻)卒業後、運輸・交通系の出版社を経て2016年ダイヤモンド・フリードマン社(現 ダイヤモンド・リテイルメディア)入社。企業特集(直近では大創産業、クスリのアオキ、トライアルカンパニー、万代など)、エリア調査・ストアコンパリゾン、ドラッグストアの食品戦略、海外小売市場などを主に担当。趣味は無計画な旅行、サウナ、キャンプ。好きな食べ物はケバブとスペイン料理。全都道府県を2回以上訪問(宿泊)。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態