オーケー決算、既存店売上は巣ごもり需要の前期を上回る!関西出店は?

2022/06/29 05:59
棚橋 慶次
Pocket

オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)が発表した2022年3月期決算は、売上高が5250億円(対前期比3.2%増)、営業利益が300億円(同1.2%減)、経常利益が311億円(同0.7%減)、税引後純利益が222億円(同3.2%増)だった。

既存店売上はプラス成長!

 2020年3月期、21年3月期と2期連続で2ケタの売上増を続けてきたオーケーだが、22年3期の売上高伸び率は1ケタにとどまった。新店出店はここ数年と同様6店舗を出店した一方で、21年3月期の巣ごもり需要による売上急増の反動を受けて、既存店売上高前期比が100.2%となったのが主要因だ。オーケーの21年3月期の既存店売上高は対前期比12.5%増だったので、この高いバーをさらに超えたという点でオーケーの強さがわかる。

 営業利益および経常利益は微減となったが、これは販管費の伸び(5.5%増)が、売上総利益の伸び(3.7%増)を上回ったためだ。なお販管費のうち減価償却費も同4.8%増となっており、積極的な投資が行われていることも見て取れる。売上高経常利益率は5.94%と、前年度より0.23ポイント低下しているものの、高水準を維持していると言っていい。

 なお22年3月期は10億円の特別利益を計上しているが、これは主に上場企業株式売却益(9億5000万円)で、旧関西スーパーマーケット(以下、関西スーパー)株式の売却益と考えてよさそうだ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media