オーケーと戦うために3つの差別化―― 東急ストア、年商41億円の繁盛店を大改装

2019/06/13 05:00
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

 東急ストア(東京都/須田清社長)が6月7日、同社のなかでも指折りの繁盛店「あざみ野店」(神奈川県横浜市:以下、あざみ野店)を全面改装した。2019年2月、超至近距離にオープンしたオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)の新店に対抗する。首都圏で出店攻勢をかけるオーケーと同業他社はいかに戦っていくのか。

東急ストアは6月7日、繁盛店の1つ「あざみ野店」を改装オープンした
東急ストアは6月7日、繁盛店の1つ「あざみ野店」を改装オープンした

旗艦店の向かいにオーケーの新店が・・・

 あざみ野店が営業するのは、東急田園都市線「あざみ野」駅に直結する東急グループのビルの1・2階部分。年商で41億円を稼ぐ、同社で4番目に売上高の高い店舗だ。
 東急グループが、同ビルに隣接する2施設を合わせて商業施設「エトモあざみ野」として一体的にリニューアルしたことから、あざみ野店も全面改装を実施した。

今年2月、店舗北側、道路を挟んだすぐの場所に「オーケーあざみ野店」がオープンした
今年2月、店舗北側、道路を挟んだすぐの場所に「オーケーあざみ野店」がオープンした

 今回の改装で東急ストアが強く意識した競合店がある。今年2月、店舗北側の道路を挟んですぐという至近にオープンした「オーケーあざみ野店」だ。
 オーケーは近年、国道16号線内側の都市部での出店を強化。年間10店以上のペースで店舗網を拡大している。そのオーケーの新店が、東急ストアの重要な繁盛店の1つを直撃したかたちだ。
 オーケーあざみ野店の売場面積は約690㎡と決して大きくはない。しかしオーケーは、徹底したローコスト・オペレーションにより、経営方針に掲げる「高品質EDLP(エブリデー・ロープライス)を実現し消費者の高い支持を獲得。1店舗当たりの平均年商は約30億円と業界でもトップクラスで、競争力の高い食品スーパーだ。

非食品を大胆に縮小
食品の品揃えで勝負

 このような環境のなか、東急ストアはいかに対策を打つのか。東急ストア営業本部商品統括室商品企画部長の寺井紀樹氏は「品揃えと買い回りの良さで勝負する」と説明する。
 あざみ野店の売場面積は、1階が1011㎡、2階が1033㎡の計2044㎡で、オーケーの3倍の広さを持つ点が強みとなる。この広さを生かすべく、非食品をを縮小し、食品の品揃えを拡大した。
 改装前、2階では非食品と衣料品売場を展開していたほか、売場面積約171㎡の書店がテナントとして入居していた。これを、書店部分を直営売場としたほか、非食品は34%、衣料品は85%も従来よりも品揃えを縮小し、その分食品の取り扱いSKU数を約6800から約8700まで拡大したのだ。

食品の品揃えを、改装前の約1.3倍となる約8700SKUまで拡大した
食品の品揃えを、改装前の約1.3倍となる約8700SKUまで拡大した

 なかでも品揃えを拡大したカテゴリーの1つが酒類だ。改装前は3尺の棚4本だけで売場を展開していたが、写真上のように大きくコーナー化した。なかでもワインは取扱SKU数を3倍に拡大。1500円前後の品質にこだわった欧州産ワインの提案を強化している。

酒類のなかでも、売上好調の欧州産ワインの販売を強化。1500円前後の価格帯の商品を充実させている
酒類のなかでも売上好調の欧州産ワインの販売を強化。1500円前後の価格帯の商品を充実させている

加えて、他店ではなかなか扱っていないこだわり商品も積極的に取り扱う。たとえばこの日は飲料売場で、ブラジルから日本に上陸したこだわり商品として、濃縮還元タイプではない、ストレートジュースを試飲販売していた。

他店ではなかなか扱っていないこだわり商品も積極的に取り扱う
他店ではなかなか扱っていないこだわり商品も積極的に取り扱う

次のページは
オーケーにない、残り2つの差別化ポイント

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media