「ベルク ベスタ東鷲宮店」レポート! 商品開発力と新たな売場演出に注目

矢野清嗣
Pocket

その収益性の高さにより、お客だけでなく多くの業界関係者からも注目されるベルク(埼玉県/原島一誠社長)。本稿前編では2月26日にリニューアルした「ベルク ベスタ東鷲宮店」(埼玉県久喜市:以下、東鷲宮店)の生鮮3品の売場を解説した。後編では総菜、日配、加工食品などについてレポートしていきたい。
調査日:4月10日、6月4日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ベルク東鷲宮店の外観

売れ筋を確実に売る!

 店舗を正面から見て右手前側にあるのが、総菜売場だ。壁面にサラダ、焼鳥、フライ類、おにぎり、スイーツと並べ、コーナーを曲がって寿司、インストアベーカリーにつなげる、ベルクではおなじみの売場配置だ。筆者はこれまで多くのベルクの店舗を訪れているが、ほぼ全店がこの配置となっており、フォーマットの標準化が徹底されていることがよくわかる。

 商品は店内加工と、自社グループの「総菜センター」の商品、外注商品が混在している。陳列は量感を重視しているようでどのお客も買い慣れた様子で商品をカゴに入れている。この商品構成こそ、ベルク独自のノウハウなのだと思われる。

総菜売場で販売していた「ベルクの海苔弁」(498円)

 調査日は、「お弁当で、自宅が旅先。」と書かれた販促物を掲げ、新商品「沖縄ベルク流タコライス」を数量限定で販売していた。「たっぷり12貫 盛り寿司楽」(698円)、「やわらかロースとんかつ」(1枚248円)、「香り極立つにんにく醤油唐揚げ」(100g178円)といった具合に定番重視の商品ラインナップとなっており、「売れ筋を確実に売る」という姿勢が貫かれている。

豊富なラインナップのPB

 続いて日配売場にフォーカスしてみたい。和日配は、総菜との関連で売場を展開しており、手前側に豆腐や揚げ、漬物、店舗後方のパン売場との関連で麺や納豆を配置する。どのコーナーも、冷蔵ケース最下段にプライベートブランド「くらしにベルク kurabelc(以下、クラベルク)」商品を並べているのが目を引く。

 たとえば、豆腐では「絹豆腐」(300g 45円)、「やわらか造り油揚げ」(5枚入り84円)、納豆では「小粒納豆」(45g×3パック65円)、麺は「ゆでうどん」(1食28円)、そのほか新商品として「主役になる肉焼売」「主役になる海老焼売」(各278円)なども売場内で大きくアピールする。このように売れ筋を固めることができるPBの商品開発力もベルクの強さといえる。

 加工食品も、NB(ナショナルブランド)の売れ筋にPB絡めた商品構成で、一部こだわり商品の扱いはあるものの、それほど目立たない。「よく売れる商品」が品揃えのベースとなっている。

 店内手前側で展開する酒類もオーソドックスな品揃えで、ビール系飲料と缶チューハイに力を入れているようで、ケース売りや6缶セットの積極的に展開している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media