強豪ひしめく首都圏で確かな存在感! 「スーパーベルクス」の実力

2019/11/07 07:00
矢野清嗣

東京都足立区を本拠とする食品スーパー企業のサンベルクス(東京都/鈴木秀夫社長)は、東京・埼玉・千葉の1都2県に「スーパーベルクス」の屋号で44店舗を展開する。最新期の売上高は704億円。企業規模としては中堅チェーンの位置づけだが、大手小売がしのぎを削る首都圏エリアで存在感を放っている。サンベルクスの強みはどこにあるのか。2019年4月オープンの「スーパーベルクス草加谷塚店」(埼玉県草加市)の売場から探っていく。

調査日=9月29日、10月3日
※本文中の価格はすべて本体価格です

自社開発SCの核店舗!

 サンベルクスが出店攻勢をかけている。2019年3月に「中葛西店」(東京都江戸川区)、4月に「草加谷塚店」(埼玉県草加市)、5月に「島忠春日部本店」(埼玉県春日部市)と3カ月連続で新規出店。19年11月現在、総店舗数は44店舗となっている。ここでは、新店舗の1つ、サンベルクスの本部からほど近い、草加谷塚店の売場を見ていこう。

 草加谷塚店は東武鉄道伊勢崎線「竹ノ塚」駅から北に約1.5kmの場所にある。サンベルクスの地盤である東京都足立区と、隣接する埼玉県草加市のちょうど境に位置する店舗だ。売場面積は約600坪(歩測)。サンベルクスとしては大型店の部類に入ると思われる。

 ショッピングセンター「ベルクスタウン草加谷塚」の核店舗であり、同店のほか、ドラッグストアの「スギ薬局」、カジュアル衣料の「しまむら」、ベビー・子供服の「バースデイ」、コーヒー専門店の「倉式珈琲店」のほか、自社開発のスポーツジム「ベルクススポーツジム」が入る。首都圏でこれだけの敷地を取得するためには、相当の資金力と交渉力が必要だったのは想像に難くない。地域におけるサンベルクスの信頼の深さを窺わせる。

ショッピングセンター内には自社運営のスポーツジムも入る

 売場を見ていこう。店舗に足を踏み入れ、まず目に飛び込んでくるのが青果売場だ。八百屋出身の企業ということもあり、青果売場を核売場ととらえているようで、新鮮な青果を価格訴求することでお客を強烈に引きつけている。

 調査日は、キャベツ(1個88円)、白菜(1/4カット79円)を「先着200名」「お1人様1個限定」の目玉商品として販売。そのほかにも、レタス(1個99円)、キューリ(3本99円)、長ねぎ(3本149円)、大根(1本149円)、もやし(250g29円)など、近隣の他チェーンと圧倒する安さを打ち出していた。また、売場の一角に漬物を集めた「創業50年秘伝の糠床」コーナーを設けており、「キュウリ浅漬け」(2本100円)なども販売。こちらも人気商品となっているようでよく売れていた。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media