生鮮ドラッグ×高密度ドミナントで攻めるクリエイトSD の脅威とは

調査・文:矢野清嗣
Pocket

関東を中心に店舗を展開するクリエイトSDホールディングス(神奈川県/廣瀨泰三社長:以下、クリエイトSD)。近年は生鮮を含む食品の取り扱いを強化しているほか、地盤とする神奈川県内では密度の高いドミナントを構築し、マーケットシェアを高めている。本稿では16店舗を展開する神奈川県秦野(はだの)市のドミナントエリアを調査し、クリエイトSDの地力に迫った。調査日:2023年11月5~6・12日、価格は本体価格

16店舗を展開する一大ドミナント!

 神奈川県西部に位置する秦野市は、四方を山に囲まれた自然豊かな街である一方、東京や横浜へのアクセスがよいことからベッドタウンとして発展。現在人口は約16万人を数える。

 県内に本拠を置くクリエイトSDにとっては重要なドミナントエリアの1つで、最古参の「秦野平沢店」(第78号店)から今年11月に開業した最新店舗「秦野曽屋店」まで計16店舗を展開する。盆地にあって可住域は決して広くはないが、同社は市内で強固なドミナントを築いている。

 他方、食品スーパー(SM)の競争環境に目を向けると、全国区で飛ぶ鳥を落とす勢いの「ロピア」が2店舗あるほか、「イオン」「マックスバリュ」「ヤオコー」「ベルク」「ヨークマート」など有力SMが密集状態にある。クリエイトSDはその隙間を縫うように、生鮮も取り扱うフード&ドラッグ業態の積極的な出店を進めており、高いマーケットシェアを有している。

 今回はそれぞれ立地や開店時期の異なる「秦野南が丘店」(23年8月開業)、「秦野大秦町店」(20年3月開業)、秦野曽屋店の3店舗を対象に食品売場をメーンとした調査を行い、ドミナントエリアにおけるクリエイトSDの実力を考察した。

秦野南が丘店
SM撤退後に居抜き出店、古い住宅街の買物拠点に

クリエイトSD 秦野南が丘店
クリエイトSD 秦野南が丘店 店舗概要
●住所:神奈川県秦野市南が丘3丁目1
●開店日:2023年8月25日
●売場面積:約300坪(歩測)
●営業時間:9:00~21:00
●駐車台数:約80台

 まず訪れたのが、小田急電鉄小田原線「秦野」駅からバスで約15分、東名高速道路「秦野中井IC」のほど近くに位置する「秦野南が丘店」(以下、南が丘店)だ。周辺はおよそ40年前に開発された古い住宅地で、その中心にある「南が丘ショッピングセンター」の一テナントとして営業している。23年3月に閉店した「そうてつローゼン南が丘店」の跡地に居抜き出店した。

 南が丘店の売場面積は約300坪(歩測)で、クリエイトSDとしては標準的なサイズ感。生鮮3品と総菜に加えて調剤薬局も併設した、利便性の高いフォーマットとなっている。

 このうち食品売場は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態