食品スーパーとの激戦で浮彫に!生鮮ドラッグの大きな欠点と難しさとは

解説:KTMプラニングR代表取締役:海蔵寺りかこ
Pocket

岩手県最南部に位置する一関市では近年、東北新幹線も乗り入れる「一関」駅を中心としたエリアで、「クスリのアオキ」をはじめとするフード&ドラッグが店舗網を拡大。リージョナル、ローカルの食品スーパー(SM)がそれらを迎え撃つという激しい競争が繰り広げられている。比較的競争の緩やかだった東北地方でも、ドラッグストア(DgS)とSMの競争が本格化しつつあるようだ。現地を訪れ、乱戦の行方を考察した。

クスリのアオキ進出が大きなインパクトに

 令和2年(2020年)の国勢調査によると、一関市の人口は県内第3位の約11万人で、前回調査(15年)から7.9%減少。一方で65歳以上の人口比率は37.1%(前回調査から3.7ポイント増)と、人口減少と高齢化が加速している。

 それにもかかわらず、市内ではDgSが密度の高い店舗網を構築し、SMとの競争度合いが強まっている。なかでも競争環境に変化をもたらす契機となったのが、クスリのアオキホールディングス(石川県:以下、クスリのアオキ)の進出だ。同社は20年に盛岡市と一関市に同時出店し岩手県に上陸。その後22年に一関に本部を置くSM、ホーマス・キリンヤとフードパワーセンター・バリュー(2社とも運営母体は同一)を買収し、同社の一部店舗を生鮮フルライン型店舗に転換している。東北地方にこうした生鮮フルライン型のDgSはそれまでほとんど存在せず、既存のSMあるいはDgSにとってのインパクトは小さくなかったはずだ。

クスリのアオキ 一関店外観
クスリのアオキ 一関店
所在地: 岩手県一関市山目字三反田224
営業時間: 9:00~22:00
生鮮の扱い: 青果、精肉、鮮魚、総菜・ベーカリー
調剤薬局: あり(9:00~13:00/14:00~18:00:月~金曜)

半径3㎞圏だけでDgSが9店舗!

 まずは市内のDgSとSMの店舗概要と印象を簡単に記しておきたい。一ノ関駅からおおむね半径3㎞圏内にはDgSが9店舗、SMが6店舗存在し、今回はこのうち、DgSは「薬王堂一関三関店」「カワチ薬品一関店」「マツモトキヨシ一関店」「クスリのアオキ一関店」、SMは「ジョイス三関店」「ビッグハウス一関店」「イオンスーパーセンター一関店」の計7店舗を調査した。

薬王堂 一関三関店外観
薬王堂 一関三関店
所在地: 岩手県一関市三関字神田178-1
営業時間: 8:00~22:00
生鮮の扱い: 青果
調剤薬局: なし

 まずDgSだが、「薬王堂一関三関店」と「カワチ薬品一関店」についてはそれぞれの標準的なフォーマット、サイズ感の店舗である。いずれもフード&ドラッグのパイオニア的チェーンであるが、対象店舗については生鮮の扱いは限定的であり、少なくとも強い集客装置にはなっていないようだった。

カワチ薬品 一関店外観
カワチ薬品 一関店
所在地: 岩手県一関市赤荻字堺72
営業時間: 9:00~21:00
生鮮の扱い: 青果、精肉
調剤薬局: なし

 「マツモトキヨシ一関店」は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態