増収増益のクスリのアオキHD、食品スーパー買収後の次の一手

「ダイヤモンド・ドラッグストア」編集部
Pocket

クスリのアオキホールディングス(石川県:以下、クスリのアオキHD)は2020年12月23日、21年5月期第2四半期決算説明会を開催した。売上高は対前期比2.9%増の1507億円、営業利益は同27.9%増の84億円と増収増益だった。しかしながら売上高は計画を若干下回った。期中に食品スーパー(SM)2社を子会社化した同社の次の一手とは──。決算説明会における青木宏憲社長の発言を抄録する。

価格と販促をニュートラルに戻す

──クスリのアオキHDの2021年5月期第2四半期の売上高は対前期比2.9%増、対計画比では1.9%減となった。

青木 前期(20年5月期)は売上高3000億円に向けて、価格、販促を強化した。今期(21年5月期)に関してはその裏年ということで、価格、販促をニュートラルな位置に戻している。

 売上高が計画に届かなかったのは、ニュートラルな位置に戻すなかで、戻し方が強すぎたのがいちばん大きな要因だ。実際、粗利益率は29.6%で、計画に対して0.5ポイント(pt)高い。販促費率は3.3%を計画していたが、実績は2.7%で0.6pt低かった。粗利益率0.5pt、販促費0.6pt、合計1.1pt分の価格、販促が弱くなっている状況だ。売上高販管費率については、額としては予算内に収まっているものの、売上高が計画に達していない分、率としては若干上振れした。計画に対して人件費が上振れし、調剤が予算に対して大きく下振れしているものの、新型コロナウイルス関連の特需があった関係で営業利益、経常利益、四半期純利益は計画を達成した。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media