管理よりも販売を重視する!「スーパーベルクス草加谷塚店」売場から見えるサンベルクスの強さとは?

2019/11/21 05:30
矢野清嗣

東京・埼玉・千葉の1都2県に食品スーパー44店舗を展開し、競合激しい商勢圏で独特の存在感を示す中堅チェーンのサンベルクス(東京都/鈴木秀夫社長)。前編では、2019年4月オープンの「スーパーベルクス草加谷塚店」(埼玉県草加市)の青果・鮮魚・精肉・総菜売場をレポートした。後編では、日配・菓子・加工食品の売場から同店の強さを探っていく

調査日=9月29日、10月3日 ※本文中の価格はすべて本体価格です

和・洋日配、冷凍食品
際立つ価格訴求
冷凍食品はEDLPで展開

 前回の記事でレポートした通り、和日配は麺や佃煮、中華総菜といった即食アイテムを総菜売場と一体化させるようなかたちで展開。他方、キムチや納豆、豆腐などの売場は青果売場の近くに配置している。

 購買頻度の高い納豆は、「水戸フーズ・小粒納豆45g×3パック」(59円)、タカノフーズ「極小粒45g×3パック」(79円)を軸としながら、「Mizkan」「あづま食品」などのメーカー品を絡めた構成としている。同じく売れ筋の豆腐は「ハギワラ・北海道産350g」(99円)、「相模屋食料・なめらか豆腐400g」(69円)などをメーンに展開。全体的に価格訴求を軸にしたラインアップとなっている

 洋日配では、「雪印メグミルク・ナチェレ恵400g」(119円)、「明示・ブルガリアヨーグルトプレーン400g」(129円)と安いが、「トモエ乳業・北海道プレーンヨーグルト400g」(99円)がとくに安かった。

 約30尺で展開するアイスクリーム売場では、99円の個食タイプ、249円のマルチパックをベースに、「ハーゲンダッツミニカップ110ml」が199円と安さが際立つ。平台什器約80尺の冷凍食品売場は、EDLP(エブリデイ・ロープライス)価格政策をとっており、常時40~50%引きとしている。

スーパーベルクス草加谷塚店の売場レイアウト

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media