2020年末出店! 「ロピア府中フレスポ店」の売場をレポート

2021/01/29 05:55
矢野清嗣

2020年後半もロピア(神奈川県/高木勇輔社長)の勢いが止まらなかった。関東では、9月に「田無店」(東京都西東京市)、関西では9月から3カ月連続で新規出店と、凄まじい出店攻勢をかけている。そして12月7日に、東京都8店目となる、「府中フレスポ店」(東京都府中市)をオープンした。2021年1月時点におけるロピアの最新店である、同店の売場をレポートしていく。
(調査日2020年12月23、28日、2021年1月6日 ※本文中の価格はすべて本体価格)

ロピア府中フレスポ店の外観

ロピアはSCの“救世主”

 「府中フレスポ店」はJR武蔵野線「北府中」駅から西に約1km離れた場所にある、ショッピングセンター「府中フレスポ」内にある。交通量の多い「新府中街道」沿いにあり、周辺は、住宅密集地となっている。

 府中フレスポ店が入るのはSC1階で、「TSUTAYA」の撤退跡に出店した。同店のオープンから約1週間後に100円ショップの「セリア」が開業。そのほか、SC1階には「ユニクロ」「セガワールド」が入る。SC2階では「ベビーザらス」「東京靴流通センター」「セガワールド」などが営業中だ。

 府中フレスポ店の売場面積は約530坪(歩測)で、ロピアのほぼ標準となる。競合店としては、約150m離れた同じく「新府中街道」沿いにある「テックランドヤマダデンキ」内に「サミット西原店」が店を構える。

 600坪近いテナントスペースを埋めることができるチェーンはそれほど多くない。SCの運営者が集客力の強い食品スーパーを誘致するとなると、最近は「ロピア」が真っ先に候補に挙がるのではないだろうか。デベロッパーにとって、広域から集客可能な食品スーパーであるロピアはまさに“救世主”であるに違いない。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media