年率約30%成長!止まらない快進撃 ロピア、強さの秘密を徹底分析!

小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ロピア1

関西でもロピア旋風!驚異的な売上高伸び率

 9月中旬、平日の正午前。ホームセンター2階にある店舗に行くと、折り返して駐車場スペースまで続いている行列が目に飛び込んでくる。行列に並び、松茸や栗、梨など旬の青果物が店頭に積まれているのを眺めながら店内に入る。狭めの通路にはピーマンやキュウリ、トマトがダイナミックに陳列されていて、突き当たりの壁面ではシャインマスカットの特売を実施。人だかりで通路の先に進めない──。

 オープンしたばかりの「ロピア大和郡山店」(奈良県大和郡山市)で見た光景だ。2020年9月に関西1号店を出店し、業界中の注目を集めたロピア(神奈川県/高木勇輔代表)。同社はその後も出店を重ね、21年9月現在、大阪・兵庫・奈良の3県に6店舗を展開する。

ロピア大和郡山店で売られていたシャインマスカット
調査日は開店記念の目玉商品として、シャインマスカットを1パック2房税抜1500円の超特価で提供していた

 出店の勢いは、まさに怒涛の一言だ。コロナ禍に見舞われたなか、21年2月期は同社史上最多の11店舗を出店、22年2月期に入ってからもすでに6店舗をオープンしている。その中には茨城1号店の「トナリエクレオ店」(茨城県つくば市)、奈良1号店の「ミ・ナーラ店」(奈良県奈良市)も含まれる。

 売上高の伸びも凄まじい(図表参照)。21年2月期の売上高は2068億円と、いなげや(東京都/本杉吉員社長)の単体売上高(2139億円:21年3月期実績)に迫る規模となった。1期前が売上高1595億円だったことを踏まえると、1年間で約500億円もの売上高を積み増した計算で、前期比較では29.7%増と驚異的な伸び率を示している。20~21年は食品スーパー(SM)全体が好調だったことを加味しても、ロピアの成長スピードは頭一つ抜けているといっていい。

 そんなロピアが見据えるのは「31年度のグループ売上高1兆円」の達成だ。近年のSM業界ではほとんど見ることがなくなった“超”強気な目標だが、ロピアの快進撃を見ていると、実現は決して不可能ではないと思わされる。

図表●ロピアの業績推移と経営目標

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media