サミットの至近にオープン ロピア権太坂店の売場づくりを徹底解説!過度な安売りをセーブする理由は?

調査・文:矢野清嗣
Pocket

ロピア1

ロピアが怒涛の勢いで新規出店している。2021年2月期は驚異の11店舗を出店、22年2月期に入ってからもすでに5店舗を出店しており、その勢いはとどまるところを知らない。本稿では、2021年9月時点における関東の最新店舗「ロピア権太坂店」(神奈川県横浜市:以下、権太坂店)の売場をレポートする。(調査期間:8月16、19、25日) ※本文中の価格はすべて本体価格

「箱根駅伝」の難所に出店、ロピアとしてはレアな新設店

 ロピアが2021年7月7日にオープンした権太坂店は、JR「東戸塚」駅から直線距離で約1.8㎞、JR「保土ヶ谷」駅から約2.5㎞の場所にある。同店周辺は急勾配が多く、正月恒例の「箱根駅伝」の難所としても有名なエリア。店舗は保土ヶ谷方面から上り坂を上がった先、交通量の多い国道1号線沿いにあり、周辺は住宅が立ち並ぶ。

ロピア権太坂店
権太坂店は、JR「東戸塚」駅から直線距離で約1.8㎞、JR「保土ヶ谷」駅から約2.5㎞の場所にある。

 「いすゞ自動車」の販売店をスクラップした跡地に出店した店舗で、居抜きが多いロピアとしてはやや珍しい新設店となる。1階部分にロピアのほかドラッグストアの「クリエイトSD」が入り、2階はクリニックと駐車場、屋上駐車場も備えている。

 権太坂店周辺はロピアにとってなじみのあるエリアでもある。ロピアはかつて権太坂店から1㎞ほど離れた場所で、「ロピア戸塚平戸店」を13年間にわたって運営していた経緯がある(18年5月に閉店、現在は「ビッグ・エー横浜平戸店」が入居)。権太坂店の出店により、3年以上ぶりにこのエリアに“カムバック”した格好だ。

 売場面積は約500坪(歩測)で、入口から続く主通路の「生鮮ゾーン」は約210坪(同)。売場スペース構成比(図表❶参照)を見ると、生鮮4部門が39%と、21年5月に開店した「トナリエクレオ店」(茨城県つくば市)より2ポイント(オープン時との比較)高い。日配売場とあわせた、売場スペース構成比62%と過半を大きく超える。

図表❶ロピア権太坂店の売場レイアウトと売場スペース構成比

青果・総菜
臨場感あふれる青果売場 看板商品のピザをダウンサイズ

 売場を見ていこう。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media