商品分析でみえるロピア精肉部門の圧倒的商品力! 競争対策はこれだ!

解説:フードサポート研究所:馬渕靖幸
Pocket

ロピア1

ロピアの最大の強みは、なんといっても精肉部門だ。精肉店出身の強みを生かした精肉商品の圧倒的な安さと品質は、店全体の集客、そして利益確保の要といっていい。なぜ、ロピアの精肉売場はお客の心をつかんで離さないのか。精肉のスペシャリスト、フードサポート研究所の馬渕靖幸氏に解説してもらった。 ※本文中の価格はすべて税抜

圧倒的な広さ!精肉フルライン売場

ロピア寝屋川島忠ホームズ店
ロピア寝屋川島忠ホームズ店
●所在地: 大阪府寝屋川市日新町3-15
●開店年月: 2020年9月29日
●売場面積: 約700坪(歩測)
●営業時間: 10:00~20:00
●駐車台数: 840台

 今回の調査では、関西1号店「ロピア寝屋川島忠ホームズ店」(大阪府寝屋川市:以下、寝屋川店)を訪ね、実際に商品を購入したうえで、ロピア精肉部門の強さを探ってみたい。

 寝屋川店を訪問し、まず強烈なインパクトがあったのが、物理的な精肉売場の広さだ。目測となるが、精肉の売場面積は80坪ほど。当然、尺数も多く、一般的な食品スーパー(SM)の2倍もしくは2.5倍はあると思われる。商品の“受け皿”となる売場がこれだけあるということは特筆に値する。

 しかし肝要なのは、ただ売場が広いということではなく、品揃えの中でいかに他店との違いを出していくかという点だ。ここからは、寝屋川店と、一部、関東エリアの大型店「ロピアららぽーとTOKYO-BAY店」(千葉県船橋市:以下、ららぽーとTOKYOBAY店)で購入した商品を見ていきたい。

 なお、ロピアの精肉全般に関する商品づくりを見るため、精肉部門だけでなく「肉屋の肉総菜」を切り口とした総菜商品も調査の対象としてみた。

❶国産牛肉みなもと牛切り落とし(岩手県産・535g 1594円:100g当たり298円)

 まず取り上げたいのは、ロピアオリジナルブランド「みなもと牛」の切り落としである。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media