兵庫県三田市のニュータウン中心地に出店! 「ロピア兵庫三田店」の売場を解説

矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)は3月15日、2022年2店目の出店となる、「ロピア兵庫三田店」(兵庫県三田市:以下、三田店)をオープンした。兵庫県3店舗目となる店舗ではどのような売場づくりが行われているのか。現地に足を運んだ。
調査日=3月19~20日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア兵庫三田店の外観

北摂三田ニュータウンの中心地に出店

 阪神地区の北側に位置する、兵庫県三田(さんだ)市は自然豊かな田園都市で、人口約10万9000人のうち半数近くが1980年代から開発された北摂三田ニュータウンに居住しているとされる。その北摂三田ニュータウンの中心にある北摂三田ウッディタウン、神戸電鉄公園都市線「ウッディタウン中央」駅から直線距離で約200mの場所に、ロピア兵庫三田店はオープンした。

 「尼崎島忠ホームズ店」「神戸岩岡店」に続き、兵庫3店舗目となる三田店(なお、ロピアは5月に「新長田店」を出店しており、本稿執筆時点で兵庫県内の店舗数は4店舗となっている)。神戸市へのアクセスに優れた立地ではあるものの、公園都市線沿線の人口はほかのエリアと比較するとやや少ないとみられ、ロピアとしても厳しい環境と踏んだうえでの出店であると思われる。

 売場面積約980坪(歩測)と、ロピアとしてはやや大型となる三田店は、通路幅も広く、ロピア既存店と比較すると全体的にゆったりとした印象を受ける。売場は、ロピアの大きな特徴である生鮮4部門が一体となった「生鮮一体型」の配置を採用している。

 特徴的だったのは非生鮮売場で、ロピア独自の価格訴求販促スタイルではなく、一般的な食品スーパーのような標準スタイルの売場としていた点だ。従来のディスカウントスタイルよりも管理しやすい棚陳列とすることで売場からは「安定感」のようなものが感じられた。

青果売場は京都ヨドバシ店に類似?

 主要部門別に売場を見ていくと、導入部の青果では、入口右サイド48尺のスペースに冷蔵ケースを配置。ケース底に氷を敷き詰めるなど、京都ヨドバシ店と似た売場演出を行っているのが目を引いた。商品では、ブロッコリー(95円)、ほうれん草(100円)などのほか、「聖護院大根」(200円)、「九条ネギ」(120円)など関西エリアではおなじみの京野菜も販売する。

 40尺の対面売場では、イチゴが大量陳列されており、調査日は開店時恒例の超目玉商品として、「あまおう」(2パック600円、4パック1000円)や「恋みのり」(1箱4パック800円)などを販売していた。そのほか、平場ではレタス(1玉95円)、キュウリ(5本100円)など売れ筋の野菜を並べていた。

 総菜は商品を絞り込んだコンパクトの品揃えの売場となっている。壁面32尺のスペースで、デザート、ピザ、フライ類、唐揚げ、グラタンなどを配置する。

 看板商品のピザは時間帯別に商品を分けており、ランチタイムは「プルコギピザ」(580円)、「ベーコンピザ」(500円)など、夕方以降のディナータイムは「マルゲリータ」(880円)、「クアトロフォルマッジ」(780円)などを揃える。バンドル販売に力を入れており、ランチタイム時は14時まで限定で、ピザよりどり3枚1444円、5枚2222円で販売していた。

総菜売場で販売していた「人気のロコモコ丼」(398円)

 ピザコーナー横16尺のスペースでは、「ヤンニョムチキン」(100g240円)、「若鳥もも唐揚げ」(5枚888円)、「キャベツメンチカツ」(3個330円)など売れ筋の総菜を販売していた。

 平場は冷蔵ケース24尺で、「ポテトサラダ」「シーフードサラダ」のほか新メニューとみられる「梅香る鮭茶漬け」(500円)などを販売。米飯は「キンパ6切」(498円)、「手巻き寿司」(5本入り498円)、「ロコモコ丼」(398円)など個性的な商品を販売する。

 総菜はピザと唐揚げを軸とした絞り込んだラインナップで、「売れる商品を売る」という姿勢が貫かれているように感じた。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media