有力チェーンひしめく激戦区に出店!ロピア新店「兵庫三田店」の競合対策とは

矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)は3月15日、兵庫県3店目となる、「ロピア兵庫三田店」(兵庫県三田市:以下、三田店)をオープンした(ロピア5月に「新長田店」を出店しているため、本記事公開時点の兵庫県の店舗数は4店舗となっている)。前編では、同店の青果・総菜・鮮魚・精肉売場をレポートした。後編では日配・加工食品・酒類などの売場を見ていきたい。
調査日=3月19~20日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア兵庫三田店の外観

日配は利益重視の堅実な商品構成

 和日配は正面壁面72尺のスペースを使って、「サラダ食材」「中華」「佃煮」「納豆」「練物」「揚げ・豆腐」「「水物」「漬物」「麺」の並びでそれぞれコーナーを展開する。

 特徴的だったのは、開店時であるにもかかわらず広告商品がなく通常の定番商品で対応していた点だ。納豆では「タカノフーズ・まろやか旨味ミニ45g×3」(67円)を軸に、売れ筋の「タカノフーズ・極小粒ミニ50g×3」(59円)は競合にあわせた価格設定であるようだ。

 豆腐も定番中心のラインナップで「山食・絹豆腐350g」(59円)をメインに、こだわり商品として兵庫県川西市のメーカー「藤田食品」の「兵庫県こうのとりの郷生とうふ絹400g」(229円)などを扱う。麺は8尺と絞り、「イシメン・うどん200g」(59円)、「東洋水産・マルちゃん焼そば3袋」(159円)などをラインナップ。全体的に利益を重視した堅実な対応である印象だ。 

 洋日配は正面壁面中央36尺のスペースで売場を展開。こちらも売れ筋をベースとしたオーソドックスな売場で、開店目玉商品もそれほどみられなかった。

 冷凍食品・アイスクリームは、66尺2列のオープンケースと60尺リーチイン&オープン什器を使って売場を展開。ほかの店舗と比べるとややスペースを縮小しているようだ。

 ロピアの新規開店の際は、アイアクリーム5割引セールを長期間行うのが恒例だが、今回は行われていないようだ。ただ、アイスクリームの個食タイプは多くの商品を78円で販売するなど5割引に近い価格で提供。「ハーゲンダッツジャパン・ミニカップ」シリーズも198円と目玉価格で販売する。冷凍食品も割引率の表示こそないものの、売れ筋の「味の素冷凍食品・ギョーザ12個入」は159円で販売するなど価格訴求は徹底されている。

「標準スタイル」の加工食品売場

 京都ヨドバシ店では「韓国食品コーナー」「全国ミニ醤油コーナー」を、「神戸岩岡店」(兵庫県神戸市)では「エスニックコーナー」導入するなど、直近の新店で加工食品の新たな挑戦が見られたロピア。三田店では「韓国食材」「台湾食材」「エスニック」を一体化させ、新たなカテゴリーとして通常棚の中で売場を展開していたのが目を引いた。

 また、調味料では系列の丸越醸造の商品展開が増えているように感じた。とくに「スンドゥブの素500ml」(599円)、「トリュフソース360ml」(399円)などがよく売れているようだ。

加工食品売場で販売していたオリジナルの「トリュフソース」

 京都ヨドバシ店、神戸岩岡店では、即席麺をレジ前や催事売場で扱い、商品も売れ筋に絞っていたが、三田店はゴンドラゾーンで売場を展開しており、カップ麺20SKU、丼麺50SKU、焼そば15SKU、袋麺15SKUをラインナップ。「日清食品・カップヌードル」(129円)や「東洋水産・マルちゃん正麺5袋」(299円)のほか、ご当地ラーメンの扱いもあった。

 陳列もディスカウントストア型ではなく一般的な食品スーパーでみられる標準的なスタイルに変化しているようだ。その結果、管理がしやすくなっているのか、欠品は少なく、フェースアップもよくできており、購入するお客の目線で見ると、「この商品が買える」という“安心感”のある売場になっている印象だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media