関西新店の新MDは関東で受け入れられるか!? 「ロピアおおたかの森コトエ店」売場レポート

矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)は4月21日、千葉県流山市のニュータウンの一角に、「ロピアおおたかの森コトエ店(以下、おおたかの森店)」をオープンした。首都圏では10カ月ぶりの新店となる同店ではどのような売場づくりをしているのか。前編では、同店の青果・鮮魚・精肉部門をレポートした。後編では、総菜、日配、加工食品などの売場を見ていこう。
調査日=4月27日、5月17日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピアおおたかの森コトエ店の外観

道場六三郎氏の監修商品が登場!

 総菜は精肉と連動させるかたちで売場を展開する。店舗奥側壁面12尺のスペースに冷蔵ケースを配置し、「ミルクゼリー」「ショコラケーキ」「シュークリーム」などのデザートのほか、隣の6尺では「お母さんのポテトサラダ」など冷総菜も扱う。全体的に、グループ会社の利恵産業が製造する商品が目立つ。

ボリューム感あふれる同商品は、利恵産業が製造する「沖縄風本格ソーキそば」(599円)

 横18尺縦6尺の平台では、弁当やフライ類、焼鳥、ピザなどを陳列している。弁当では店内製造「絶品ハンバーグと照り焼き弁当」(799円)、「三元豚極みロース重」(399円)のほか、「道場六三郎監修 厚切り牛たん炙り焼き弁当」(1000円)なども販売する。

 ちなみにロピアは2021年12月に道場六三郎事務所を子会社化し、グループに迎え入れている。おおたかの森店で登場した、この「道場六三郎監修 厚切り牛たん炙り焼き弁当」は、その名のとおり、かつて有名テレビ番組に多く出演した料理人・道場六三郎氏とのコラボ商品となる。肉総菜を得意とするロピアの総菜売場だが、今後は同氏監修メニューが増えていくことになるのかもしれない。

道場六三郎氏監修の「厚切り牛たん炙り焼き弁当」(1000円)

 そのほか総菜売場の一角には、中原商事が運営する中華総菜コーナー「上海厨房」もある。弁当や総菜など扱い品目が多く、価格も値ごろ感があり、品揃えをうまく補完している。

冷凍食品・アイスクリームはロングセールを実施

 日配売場は、正面壁面36尺で乳製品、隣の32尺で漬物・佃煮・豆、さらに隣の冷蔵リーチイン8尺で牛乳を販売。右壁面96尺はヨーグルトやスイーツ、チルド飲料を配置する。平場では、麺、豆腐、納豆を配置し、その背面にアイスクリームと冷凍食品を展開。アイスクリームは20尺と品揃えを絞っているようだ。

 調査期間中は、8月31日まで冷凍食品の6割引、6月30日までアイスクリームの半額セールと、長期販促を実施していた。競合店は対策に苦慮することだろう。

 ゴンドラゾーンは加工食品の売場を展開する。全体に品揃えを絞り込んでおり、調味料ではグループ会社の丸越醸造の商品が以前よりも存在感が増しているのを感じた。

 そのほか特徴的だったのはここ最近の新店で導入している韓国食材をコーナー化していた点だ。18尺のスペースで即席麺と調味料」をメインに、約170SKUを扱う。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media