「こだわり」と「価格訴求」の大胆なメリハリに注目! ロピア仙台ヨドバシ店売場レポート

2023/11/22 05:59
矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/髙木勇輔代表)が東北エリア1号店となる「ロピア仙台ヨドバシ店」(宮城県仙台市:以下、仙台ヨドバシ店)を8月22日にオープンした。前編では、青果、鮮魚、総菜の売場をレポートした。後編では、精肉、日配、加工食品の売場からロピアの強さを探ってみたい。

ロピアが入る「ヨドバシ仙台第2ビル」

看板の精肉売場は?

 精肉売場は約70坪(歩測)で入口から見て左壁面40尺で牛肉、正面壁面40尺で豚肉と挽肉、3つの平台で冷凍肉と鶏肉をコーナー展開する。黒毛和牛は「仙台牛」と、ロピアオリジナルの「みなもと牛」、輸入肉は米国産、オーストラリア産を絡めた構成としている。豚肉は三元豚、メキシコ産・米国産の輸入豚を揃える。鶏肉は宮城県産のものをメインに、ロピアオリジナルの「みなもと鶏」も扱う。

 売場配置や商品構成はオーソドックスで、補充も十分に行われており、曜日によって売場を変更するなど柔軟な対応も見られた。品揃えは「メガ盛」の提案に力を入れていて、「豚バラしゃぶしゃぶ用」(100g100円)など安さの打ち出しにも余念がない。冷凍の馬刺しを扱うなど品揃えの幅も広く、肉にこだわりを持つお客も満足できる売場となっている。ただ、九州や関西の新店と比較すると、お客の購買意欲はやや控え目であるようだ。肉より魚を重視する地域性があるのかもしれない。

 和日配は正面壁面54尺、右壁面12尺売場を展開。和日配から連続するかたちで、洋日配は「乳製品」が24尺、ヨーグルト・チルド飲料が80尺とシンプルな配置となっている。ゴンドラゾーン前方にアイスクリーム・パン、後方に冷凍食品を配置する。

 商品構成を見ると、「売れ筋を確実に売る」という姿勢が貫かれている。「豆腐」は首都圏の店舗と同様に、「ハギワラ・北海道大豆木綿350g×2」(129円)、「タカノフーズ・絹美人150g×3」(79円)をメイン商品として販売。同様に、「納豆」も「タカノフーズ・極小粒ミニ50g×3」(66円)を軸に、ロピアの留め型商品と見られる「こいしや・平家納豆40g×3」(89円)も扱う。洋日配では「トモヱ乳業・無調整牛乳1ℓ」(1本179円、2本350円)のほか、プレーンヨーグルトは23品目の扱いで「明治・ブルガリアヨーグルトプレーン400g」(179円)、「雪印メグミルク・ナチュレ恵みヨーグルト400g」(129円)、「森永乳業・ビヒダスヨーグルト400g」(139円)などトップナショナルブランド(NB)もラインナップしている。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態