ヤオコー、三和が競合する激戦地に出店! ロピア若葉台店の売場を解説

2023/12/06 05:59
矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/髙木勇輔社長)は9月21日、東京都稲城市に「ロピア若葉台店」(以下、若葉台店)をオープンした。九州・関西・中部・関東と2023年末から2024年初にかけて出店が続くロピア。東京都内10店舗目となる同店はどのような売場づくりをしているのだろうか。
調査日=10月6、13日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア若葉台店の外観

ニュータウン内、コープみらい跡地に出店!

 ロピアが9月21日にオープンした若葉台店は、京王電鉄相模原線「若葉台」駅から直線距離で約900mの場所にある。東京都西部、八王子、町田、多摩、稲城の4市にまたがる「多摩ニュータウン」の一角、店舗周辺は比較的新しい新興住宅地となっている。

 2023年3月に閉店した「コープ若葉台店」跡への居抜き出店で、ロピアとしてはやや珍しい、フリースタンディングの店舗となる。店舗は交通量の多い東京都道19号町田調布線沿いにあり、最寄りの「若葉台」駅前には、「ヤオコー」が入る商業施設「フレスポ若葉台」のほか、東京西部と神奈川で絶大な存在感を誇る「三和」も店を構えるなど、競争は激しい。

 若葉台店の売場面積は約600坪(歩測)で、ロピアの既存店舗と比較するとやや広い。コープの単独店の居抜きということもあり、売場配置は青果・鮮魚・総菜・精肉が一直線に並んだ“生鮮ゾーン”ではなく、主通路に沿って生鮮を配置した一般的な食品スーパーに近いスタイルとなっている。売場スペース構成比では、生鮮4部門が35%、日配が20%の合計55%でロピアの標準店と比較するとやや低い。

ロピア若葉台店の売場レイアウト

生鮮食品売場を解説!

 部門別に売場を見ていこう。青果は約50坪(歩測)で、主通路両サイドの冷蔵ケース、4つの平台を使って売場を展開する。調査日は平台の先頭で、旬のぶどうを売り出しており、シャインマスカットは1~2房1000円~1800円で販売。そのほか果実では、スイカ(1玉2000円)、アールスメロン(同999円)などを揃えている。

 野菜は売れ筋がベースで、キュウリ(3本199円)、白菜(1/4カット139円)、大根(2Lサイズ、1本199円)、キャベツ(1玉139円)など、目玉価格の商品を随所に差し込んでいる。青果は全体的にオーソドックスな商品構成であり、お客は慣れた様子で買物をしていた。

 青果に続くかたちで展開するのが精肉売場だ。精肉の売場面積は約70坪(歩測)で、既存店を踏襲した標準スタイルの売場ではあるものの、新たな試みとして、壁面上部に幅約30尺の大型スクリーンを配置し、精肉センターの映像などを流していた。

 牛肉コーナーは48尺の展開で、「みなもと和牛」「適霜肉」などのオリジナルブランドに輸入牛を絡めた構成となっている。豚肉は国産がセンター納品、輸入が店内加工で提供しているようだ。鶏肉はオリジナルの「みなもと鶏」をベースに、「甲斐新鮮鶏」「博多地鶏」なども扱う。

豚肉のロースとバラがセットになった「豚しゃぶしゃぶ用(米国産・メキシコ産)」

 どのコーナーも「メガ盛」商品の売り込み力を入れており、牛肉では米国産「牛バラプルコギ用」(100g99円)、豚肉ではチリ産「豚ローススティックカルビ」(100g99円)など、1000~1300円の商品を充実させている。どの商品も安定してよく売れているようだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態