独自のスタイルがほぼ確立? ロピア府中フレスポ店レポート!

矢野清嗣
Pocket

2020年9月に関西進出を果たし、業界中の注目を集めたロピア(神奈川県/高木勇輔社長)。2021年もその勢いは止まらないと見られ、2月には「小平店」(東京都小平市)の出店がすでに決まっている。昨年に引き続き、今年も“ロピアの年”となるのか。2020年12月7日にオープンした、本稿公開時点ではロピアの最新店となる「府中フレスポ店」(東京都府中市)の売場を解説していきたい。
(調査日2020年12月23、28日、2021年1月6日 ※本文中の価格はすべて本体価格)

ロピア府中フレスポ店の外観

“売れすぎ”が課題の総菜売場

 レポート前編では、青果・精肉・鮮魚売場をレポートした。後編では、総菜・加工食品・日配などの売場を解説していこう。

 これまでロピアの全店舗を拝見してきた筆者が、ロピア全部門で最も激しく変化していると感じるのが総菜である。個店経営を標榜するロピアでは、各店舗で商品構成や販促が異なる。比較的新しい店舗では、売場を狭くし、扱い商品を絞り、回転率を重視しているようだ。

 その理由はおそらく、弁当や人気商品のピザなどの製造が間に合わないためだと思われる。グループ会社である利恵産業の商品も導入しているが、販売量がすさまじく、供給が追いついていないのである。新店ともなれば、総菜は常時品薄状態であり、調査日も平日であるにもかかわらず、ピザは“補充、即完売”状態であった。

 商品を見ていくと、人気商品のピザは、「チーズピザ」(399円)、「マルゲリータ」「テリヤキチキンピザ」(500円)を販売。「ローストチキン5個」(1450円)、「焼鶏盛合わせ10本」(499円)、「ファミリーサイズガーリックライスチキン」「ロースビーフパエリア」(各999円)など、調査日はクリスマス前だったこともあってか、関連商品を豊富に揃えていた。

 米飯では、韓国の巻寿司「キンパ」を大量に並べており、多くのお客が手にとっていた。既存の中・大型店で見られる、中原産業運営の中華総菜コーナー「上海厨房」も導入しており、弁当や飲茶、中華サラダ、デザートなどを提供していた。冷蔵ケースでは、サラダやデザート、和総菜などを販売。利恵産業と外注商品を中心のラインアップとなっている。

対抗不可能? 日配では強烈な価格訴求!

 一般的な食品スーパーでは、和日配と洋日配の売場を離れて配置することが多いが、ロピアは壁面で連続させて売場を展開するケースが多く、府中フレスポ店でも同様のレイアウトを採用している。

 和日配は正面入口から見て店舗左サイドの壁面80尺のスペースで、「納豆」「豆腐」「練物」「漬物」「佃煮」「麺類」を配置。売れ筋商品をベースに、オリジナル商品を差し込んでいる。

 「納豆」では、「タカノフーズ・極小粒3P」を59円で提供する。この価格はほかのチェーンは太刀打ちできないだろう。「豆腐」は「ハギワラ・豆腐350g2丁」(99円)をメーンに、「さとの雪」などこだわり商品も品揃えする。和日配は全体的にコンパクトにまとめた無難な対応であるという印象だ。

ロピア府中フレスポ店の売場レイアウト(筆者作成)

 洋日配は、「牛乳」「果汁飲料」などに24尺、ヨーグルトは20尺、「スイーツ」「プリン」「ゼリー」「乳飲料」などに28尺、常温では「プチドリンク」「豆乳」に12尺、それぞれスペースを割いている。牛乳は、「近藤乳業・最上の郷牛乳1 ℓ」(155円)と「北海道乳業・北海道函館直送牛乳(無調整牛乳)1 ℓ」(169円)をメーンに扱う。ヨーグルトは、「明治・ブルガリアヨーグルト400g」(118円)、「森永乳業・ビヒダスヨーグルト400g」(99円)などナショナルブランドを強烈な安さで販売。「フルヤ乳業・プレーンヨーグルト400g」は4個379円のバンドル販売で提供する。

 日配は購入頻度が高く、商品回転率も高いので、利益率は低くとも販売量で利益を確保する手法である。府中フレスポ店における売れ筋NBの価格は、ほかのチェーンの特売価格より安く、対抗するのはほぼ不可能だろう。競合するチェーンにとっては、厳しい現実であると言えよう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media