「スーパー三和トレッサ横浜店」の売場から見えてきた、SC内繁盛店づくりの秘訣

2019/12/11 05:30
矢野清嗣

推定年商70億円超と言われる三和(東京都/小山克已社長)の超繁盛店、「スーパー三和トレッサ横浜店」。同店はなぜ、お客を引き付けることができるのか。前編では、生鮮3部門の売場をレポートした。後編となる今回は、総菜・加工食品・酒類売場からその実力を探ってみたい。

※本文中の価格はすべて本体価格

中華専門店テナントで品揃えに“彩り”が加わる!

 約900坪(歩測)の売場で、正面から見て右側の壁面すべてを使って展開するのが、総菜売場だ。

 コーナーごとに見ていくと、温総菜では、「コロッケ」(58円)、「メンチカツ」(158円)、「ロースとんかつ」(358円)、「棒ヒレカツ1本」(498円)に旬の「カキフライ8個」(398円)、「海老天」「いか天」(各128円)など、売れ筋を一通り網羅した商品構成となっている。

 弁当は「自家製メンチカツ弁当」「唐揚弁当」(398円)、「自家製ヒレカツ丼」(378円)、「グリルチキン弁当」498円)などインストア製造とアウトパックをうまく組み合わせた商品構成となっている。おにぎりは、「鮭」「生たらこ」(98円)、「いくら」158円)など自社製品13品目を販売する。

弁当コーナーではアウトパック商品を充実させている

 力を入れていると思われるのが寿司で、調査日の週は「ご馳走北海握り寿司9貫」(698円)をポイント販促で売り込んでいた。そのほかにも「4種まぐろ比べ寿司」「北海にぎり寿司(各598円)、「海鮮丼」(498円)、「手巻寿司」(5本580円)などをラインアップ。バラエティーに富んだ品揃えでお客を引きつけている。

 トレッサ横浜店では直営総菜売場だけでなく、中華料理専門店「麗彩桜」も導入しており、中華系メニューはすべてこのテナントに任せている。「中華弁当」(498円)、「八宝采丼」(330円)、「中華セット」(860円)などボリューム感と値ごろ感のある中華食材を揃えており、総菜全体の品揃えに“彩り”をもたらしている。

中華総菜はすべて中華専門店テナントに任せている

 また、総菜売場の隣、店舗入口付近にはおそらくテナントと思われるインストアベーカリーを設けている。スペースは狭いものの、機能的な配置となっており、「ホテル食パン」(560円)、「塩パン」(120円)、「お米パン」(260円)などを提供していた。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media