年商50億円超!ライフの巨艦店「セントラルスクエア押上駅前店」の現在・前編

2019/06/14 05:00
矢野清嗣

前回の記事では、首都圏随一の集客力を誇る「スーパー三和ラゾーナ川崎店」の売場をレポートした。第2回目となる今回は食品スーパー最大手、ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)の繁盛店「セントラルスクエア押上駅前店」の売場からその強さの秘密を探っていこう。(本文中の価格はすべて本体価格)

セントラルスクエア
「押上」駅側からみた「セントラルスクエア押上駅前店」

 ライフは大阪と東京にそれぞれ本社を持つ、“二頭立て”の食品スーパー企業である。
 同社が大阪府豊中市に1号店を出店したのは1961年11月のことだ。その10年後、71年10月には首都圏1号店となる「板橋店」を出店。2019年5月末時点で、近畿圏に155店、首都圏に118店を展開する。店舗数・売上高とも“西高東低”ではあるものの、ここ3年間では首都圏の売上シェアが伸びており、1店舗当たり売上高も首都圏の方が高い。なお、19年2月期の既存店売上高対前期比は首都圏1.5%増、近畿圏1.1%増だった。
 さて、ライフは2013年11月に、新フォーマット「セントラルスクエア」の1号店として、JR新大阪駅に近い淀川区に「セントラルスクエア西宮原店」(大阪府大阪市)を開業している。そこから約2年間の準備期間を経た15年12月、セントラルスクエア首都圏1号店である「セントラルスクエア押上駅前店」(東京都墨田区:以下、押上駅前店)を出店した。
 オープンから3年余り経過した現在も、押上駅前店は開店当時のスタイルを維持しており、ライフの首都圏戦略を体現する旗艦店として存在感を放っている。ライフの岩崎社長はある新店の会見の際に、「(押上駅前店の)年商は52億円ほどまで上がってきている」と発言しており、同店が首都圏を代表する繁盛店であるのは間違いない。

次ページは
お客を呼び込む総菜売場!

1 2 3

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media