東京・恵比寿に登場! ライフの首都圏セントラルスクエア2号店を徹底解説

2022/04/20 05:55
小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)は4月15日、東京都渋谷区に「セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店(以下、恵比寿ガーデンプレイス店)」をオープンした。出店地は複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」の地下2階、2021年2月に営業終了した「三越恵比寿店」の跡地。都内屈指の好立地への出店となった同店ではどのような売場づくりをしているのか。

東京・恵比寿、「三越恵比寿店」の跡地に出店!

 ライフが4月15日にオープンした恵比寿ガーデンプレイス店は、JR「恵比寿」駅から徒歩8分の場所にある。同店が入居する「恵比寿ガーデンプレイス」は商業棟のほか、ホテルやオフィス、住宅、文化施設からなる複合施設で、旧サッポロビール工場の跡地を開発して1994年に開業した。

 同施設を管理・運営するサッポロ不動産開発は2022年2月、恵比寿ガーデンプレイスの商業棟を新名称の「センタープラザ」として2022年秋にリニューアルオープンすることを発表した。これに先駆けるかたちで22年4月、地下2階の食品と生活雑貨のフロア「フーディーズガーデン」がオープン。この目玉テナントとなるのが、恵比寿ガーデンプレイス店だ。

 なお、フーディーズガーデンには同店のほか、高質スーパーの「明治屋ストアー」、ドラッグストアの「トモズ」、輸入食品専門店の「カルディ」などが入る。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media