有名SMも続々導入へ! 総菜を自動で盛り付けるロボット 「Delibot」の革新性とは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

経済産業省と一般社団法人日本機械工業連合会が主催する第10回ロボット大賞で「中小・ベンチャー企業賞」を受賞した、コネクテッドロボティクス(東京都/沢登哲也社長)の総菜を自動で盛り付ける「Delibot™(デリボット)」。従来は難しいとされていた総菜の盛り付けの機械化をロボットにより実現したDelibot は、2022年3月にマックスバリュ東海に導入され、その後も多数の引き合いがきているという。Delibotの特徴と今後の展開について、コネクテッドロボティクスCOOの佐藤泰樹氏に話を聞いた。

コネクテッドロボティクスCOOの佐藤泰樹氏
コネクテッドロボティクスCOOの佐藤泰樹氏。

「中小・ベンチャー企業賞」を受賞した総菜盛り付けを自動化するロボットを開発

総菜を盛り付ける自動ロボット「Delibot」。
総菜を盛り付ける自動ロボット「Delibot」

 2014年設立のコネクテッドロボティクスは、「食産業をロボティクスで革新する」をミッションに「つらい労働がなくなる」「人手不足を解消し高い生産性を実現」などを目的として、さまざまなロボットサービスを開発してきた。 たとえば、たこ焼きやソフトクリーム、そば、フライドポテトを調理する各種ロボットや検品ロボットなどを開発し、食品工場や飲食店などに導入してきた実績を持つ。

 数多くのロボットの中で、2022年10月に発表された第10回ロボット大賞で「中小・ベンチャー企業賞」を受賞したのが、2021年10月に開発に着手し、2022年3月に実用化に至った総菜を盛り付ける自動ロボット「Delibot」だ。

  開発のきっかけは、経済産業省が推進する「革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」に採択された日本惣菜協会から、「総菜工場での盛り付けの自動化に取り組まないか」と声をかけられたことだという。
 
 総菜の盛り付けの自動化という点でいえば、ポテトサラダを盛り付ける際などに使われる、チューブで総菜を押し出す「充填機」は以前から存在していた。しかし、いかにも機械で押し出したような形状になるため見栄えが悪く、チューブの中で総菜が詰まることも多いうえ、別の総菜の盛り付けに切り替える際の清掃に時間がかかるという問題を抱えていた。

 「日本の総菜工場の自動化はまだまだ進んでおらず、私たちの持つ技術で、現場で使いやすい、実用的なロボットシステムの開発をしようと考えた」(佐藤氏)。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media