橋田壽賀子脚本の名作『おしん』のモデルといわれる2人の女性スーパーマーケット創業者

2020/03/23 05:45
千田直哉

「橋田壽賀子脚本ドラマの代表作は?」の問いに『おしん』を挙げる人は少なくない。
 1983年にNHK総合テレビで初放映されたこの作品に戦前戦後を問わず多くの日本人が胸打たれ、それぞれの思いにふけった。『おしん』はその後、日本を飛び出し、アメリカ、中国、インドなど約70の国と地域で放映され、アジア各国の人々も感動の渦に巻き込んだ。

ドラマ『おしん』の舞台となった山形県の銀山温泉(Photo by onsuda)
ドラマ『おしん』の舞台となった山形県の銀山温泉(Photo by onsuda)

日本一高い熱海市の物価引下げに奔走した和田カツさん

  おしんのモデルといわれているのがヤオハン創業者和田カツさんだ
 カツさんは明治39年、神奈川県小田原の生まれ。昭和3年に静岡県熱海市の露木旅館の軒下を借りて、青果商を営み始めたのを振り出しに、昭和23年、八百半商店を設立。順調に商売を進めるも、昭和25年4月、熱海市の3分の1を焼いた大火で店舗は全焼し、また振り出しに。それでも歯を食いしばってヤオハンをなんとか立て直した。
 49歳の時に「商業界」主催の箱根ゼミナールに参加して、ベニマル(現:ヨークベニマル)の実践に深い感銘を受けると、翌年にはただちに現金正札販売を断行した。日本一高いと言われた熱海市の物価を引き下げることに努め、大きく貢献し、ヤオハンが世界へ雄飛するための礎を固める役割を果たした。

和田カツさん
ヤオハン創業者 和田カツさん

 日本で成功を遂げたヤオハンはその後、次々に海外進出を果たし、カツさんは現地従業員の教育係として、その発展を陰日向から支えた。
 だが、カツさん亡き後のヤオハンの末路は哀れなものだった。1996年、世界市民企業グループ八佰伴と名を変え、中国上海に本部を移し、虎視眈々とアジア市場を狙ったものの、放漫経営が災いして、1997年9月に会社更生法の適用を申請し事実上の倒産と相成った。
 とはいえ、カツさんが残した偉業はそれで霞んでしまうわけではない。
 ヤオハンは現在、マックスバリュ東海(静岡県/神尾啓治社長)として独自の存在感を見せている。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media