コロナの逆風下だから知っておきたい「ゆめタウンをつくった男」山西義政さんの38の金言

2020/04/08 05:52
千田直哉

4月1日。イズミ(広島県/山西泰明社長)の創業者である山西義政さんが逝去された。享年97歳。徒手空拳の中から一代で同社を立ち上げた立志伝中の人物の人生は、激烈そのものだった。

イズミ創業者 山西義政さん
イズミ創業者 山西義政さん

闇市での干し柿売りから、年商7321億円の大企業へ

 大正11年(1922年)に広島県大竹市で生まれた山西さんは、昭和18年(1943年)に入隊。当時、世界最大と称された「伊400型」潜水艦に機関兵として乗艦していた。予定していた決死の作戦が台風により遅れたため、昭和20815日を迎え、辛くも命を拾い帰還した。

 しかし生き延びて戻られたとはいえ、原爆を浴びた広島市内は辺り一面が焼け野原。食うためには何かをせねばと、1946年、戸板に干し柿を並べ、闇で売り、本格的な商売の第一歩を踏み出した。伊400型に同乗していた戦友が農家で干し柿をつくっていることを思い出し、分けてもらったものだった。

 そこから約74年――。イズミは営業収益7321憶円、営業利益353億円の大企業へと成長した。

 その山西さんが92歳の時に著した単行本『混迷の時代こそチャンスだ 道なき時代に、道をつくる』に再び目を通してみた。

 同書は、日々の商いの中で試され、練り上げられていった実践哲学書だ。

「人を動かすには、シンプルで分かりやすい言葉で伝えること」を信条とする山西さんは、同書内で実に多くの経営や人生に関わり役に立つ「言葉」を記している。

「どれもこれも平易で短い言葉ばかり。まず分かりやすくなければいけません。子どもにも分かるように心がけてきた。次は覚えやすさ。短くて、しかも語呂がいい」(山西さん)。

 同書は、「変える」(1章)、「挑む」(2章)、「迅く」(3章)、「尽くす」(4章)、「学ぶ」(5章)の5章から構成される。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media