工場潜入!トライアル流、SPA型で進めるPB開発の手法とは?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

トライアル大

売場で盛んに訴求されることは少ないが、トライアルは一部カテゴリーでプライベートブランド(PB)も展開している。なかでも飲料PBは、外部企業ではなく自社で仕入れ、製造、配送まで行うなどサプライチェーンの垂直統合が進んでいるカテゴリーだ。そこで本特集に際して、メディアとしては初めてミネラルウォーターの採水工場を訪問。SPA型PB開発の最前線を追った。

名水百選の地に直営の採水工場を設置

 トライアルの本拠地、福岡県福岡市からクルマを走らせることおよそ2時間。対向車とすれ違うことも困難な山道を抜けていった先にたどりついたのが、大分県由布市内でトライアルが運営する「トライアル飲料由布工場」(通称:由布水工場)だ。九重連山の麓、環境省から名水百選に指定された「男池(おいけ)湧水群」のほど近くにあるこの採水工場で、PBのミネラルウォーター「阿蘇くじゅうの天然水」を出荷している。

トライアルのPB商品阿蘇くじゅうの天然水」
PBとして販売している「阿蘇くじゅうの天然水」

 同商品は硬度約40㎎(1ℓ当たり)の軟水で、ミネラルの一種であるシリカを多量に含んでいるのが特徴。口当たりがやわらかく、乳幼児も飲用可能だ。価格は主力の2ℓボトルで49円(税込)と、ナショナルブランド(NB)のミネラルウォーターと比較しても破格の安さ。トライアルのPB商品の中でもとくに大きな人気を誇る商品の一つだ。

 名水としての品質を担保しつつ圧倒的な安さを実現しているのが、由布水工場である。自噴する地下水をくみ上げ、2回のろ過で微生物や粒子を極限まで除去、ボトリング、ラベリングを行う。採水量を増やすための掘削作業を行わないなど、周辺環境にも配慮している。年間出荷量は約3000万本。九州~西日本の約170店舗を対象に出荷しており、店舗への配送も自社でカバーしている。

 こうしたサプライチェーンの内製化によって、高い価格競争力を実現しているというわけだ。

ペットボトルから製造し、生産コストを低減

 由布水工場が

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media