この値段でこのレベルの高さ!スーパーのコンサルが唸ったトライアル の総菜の実力とは

調査・文:KTMプランニングR:海蔵寺りかこ
構成:ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

トライアル大

明治屋の緻密な戦略により、大きな変化を遂げているトライアルの総菜。ただ、食品スーパー(SM)のプロの視点から見るとどのように映るのだろうか。そこで、総菜を中心とした店舗・売場調査で本誌おなじみの海蔵寺りかこ氏が、総菜の最新MDが導入されている「トライアルスーパーセンター上熊本店」(熊本県熊本市)を訪問。売場調査や商品の試食、明治屋の大塚社長への取材を通じて、トライアルの総菜の強みと課題を分析した。

「料理のプロ」とデータが融合

 上熊本店および明治屋の総菜に関してまず驚いたのは、その開発手法とオペレーションである。研鑽を積んだプロの料理人によるメニュー開発と、トライアルが元来得意とするマニュアル化、データ活用の仕組みが融合している。それによって、プロの味付けの総菜をどの店でもつくれ、かつロスを極力出さないオペレーションが確立されている。

最新MDが投入されているトライアル「上熊本店」の総菜売場
最新MDが投入されている「上熊本店」の総菜売場

 商品開発に料理のプロが介入することも、商品・売場づくりにデータを活用することも、それ自体は今や決してめずらしいことではない。しかしその2軸を常に“シンクロ”させながらサイクルとして回し続けている企業は意外に少ない。

 もう1つ特筆すべきは、担務が明確に割り振りされている点である。一般的な食品小売の商品部においては、商品開発、棚割り、販売計画、場合によっては店舗フォローなど数多の業務が存在し、限られた人数の中でやりくりしていることが多い。

 しかしトライアルにおいては綿密なコミュニケーションを取りながら、明治屋が商品開発、製造に専念し、販売施策や店舗オペレーションにおいてはトライアルがサポートするという体制がとられているようである。それがクオリティの高い商品を数々展開していることにつながっているのだろう。

総菜の常識を覆している

 それに関連して、筆者がやはり何より驚いたのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media