トライアルが東北最大級・郡山八山田店をオープン! 意外な見どころはアウトドアコーナー?

雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

トライアルカンパニー(福岡県)は8月24日、福島県郡山市に「メガセンタートライアル郡山八山田(やつやまだ)店」(以下、郡山八山田店)を開業した。売場面積は約2000坪で、同社の東北エリアの店舗としては最大規模。近年、商品政策(MD)面でめざましい進化を遂げている生鮮・総菜のほか、日用雑貨、家電、医薬品など非食品もカテゴリーごとに深掘りを進め、広域からの集客を図っている。オープン時の売場の様子を速報する。(文中の価格はすべて税込)

東北最大級&初のスマートストア

メガセンタートライアル郡山八山田店
メガセンタートライアル郡山八山田店が8月24日、福島県郡山市にオープンした

 郡山八山田店は、市内中心部から北へ約3km離れた幹線道路沿いに、東北最大級を誇る売場面積約2000坪の「メガセンター」業態としてオープンした。トライアルは郡山市内および周辺エリアですでに数店舗を展開していたが、その多くが「バラエティストア」業態などの小型店であった。

 満を持しての「メガセンター」での出店ということもあり、広域でのチラシ配布や地元TV局へのCM出稿など積極的なPR活動を展開。オープン日は早朝から開店を待つ多くのお客が列をなし、開店時間直前にはその数は数百人にまで膨張。周辺の道路では数kmにわたる”トライアル渋滞”が発生するなど、地元住民の期待度の高さをうかがわせる様子が見られた。

 また、郡山八山田店ではセルフレジ機能付きの買物カート「スマートショッピングカート」や、商品やお客の買物行動を視覚的にとらえAIで分析する「リテールAIカメラ」を東北地方の店舗で初めて導入。利便性の高い新しい購買体験が提供される「スマートストア」としても機能している。

生鮮・総菜では”ローカライズ”の取り組みも

 店内に入りまず食品売場を見ていくと、とくに多くのお客で賑わっていたのが生鮮・総菜だ。買物客の会話に耳を傾けると、「安さ」「ボリューム」、そしてとくに精肉では「見た目の良さ(品質)」を評価する声が聞かれた。また、全体的に地場産品や地域の味を訴求するMDも展開されているのが印象的だった。

 まず青果売場は旬の野菜や果物が中央部の平台にぎっしりと並べられ、迫力のある展開。地元福島県産の桃や梨なども目玉商品として展開されている。また売場左側は箱売りのコーナーとなっており、同じく桃や梨のほか、トマト、たまねぎ、さつまいもなどが販売されている。

 精肉でも、やはり地元の「福島牛」を幟(のぼり)を売場随所に立てかけて強く訴求。ステーキ肉や焼き肉用のパックなどを販売している。

精肉売場では福島牛を強く訴求
精肉売場では福島牛を強く訴求

 総菜はトライアル名物の299円の「ロースかつ重」や、自社製の「手包みおはぎ」(3個300円)、「たっぷり玉子サンド」(199円)などボリューム感&値ごろ感たっぷりの魅力的な商品の数々が並ぶ。

 それらに加えて目を引いたのが、「ソースかつ丼(柳津風)」(399円)。福島県会津地方のご当地メニュー「柳津風ソースかつ丼」を商品化したもので、卵焼きの上に揚げたてのカツをのせる”柳津風”を踏襲しつつ、味付けはソースではなく醤油ベースの甘辛い味付けとなっている。トライアルの総菜でこうした「地域商品」の展開はそれほど例がないが、「会津の知られざる味」を商品化した点に、郡山八山田店の出店にかけるトライアルの本気度が感じられる。

会津地方のご当地メニューを商品化した「ソースかつ丼(柳津風)」を
会津地方のご当地メニューを商品化した「ソースかつ丼(柳津風)」

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media