消費者調査で判明トライアルユーザーの本音 意外な併用先はあの高質スーパー?

調査・解説:mitoriz 辻本崇、mitoriz 山室直経
Pocket

トライアル大

商品、店舗ともに大きな進化の過程にあるトライアル。実際に、それらの取り組みは消費者にどう映っているのだろうか。レシートデータや利用者アンケートの収集・分析を手掛けるmitoriz(ミトリズ:東京都/木名瀬博社長)の協力のもと、トライアルユーザーの本音をあぶりだしてみた。

一部のユーザーは「ハローデイ」と併用

 mitorizは、全国約20万人の消費者モニターからレシートとアンケート回答を収集した購買証明付き購買理由データベース「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(ポイント・オブ・バイ:以下、POB)」を保有し、消費者の購買行動やその背景などを分析している。

 本特集に際して、2022年6月17~27日、トライアルの本拠地・福岡県に在住するPOBの会員687人を対象にインターネットアンケートを実施した。年代別では50代が37.3%で最も多く、40代(26.2%)、60代以上(19.8%)、30代以下(16.7%)の順で構成されている。回答者の53.3%は女性であった。

トライアル
2022年6月17~27日、トライアルの本拠地・福岡県に在住するPOBの会員687人を対象にインターネットアンケートを実施した

 まず、メーンで利用しているチェーンをたずねたところ、最も多かったのは「イオン(イオン九州)」で151人、それに「ルミエール」(87人)、「トライアル」(58人)の順となっている。メーン利用しているチェーンの利用頻度を比較すると、イオン九州で「週3回以上」が約半数を占める一方、トライアルでは「週1~2回」の割合が約7割に上った。トライアルではまとめ買いをする利用者が多いようだ(図表❶)。

図表❶メーン利用しているチェーンの利用頻度

 ちなみに、トライアルのメーン利用者が併用するチェーン(図表❷)はイオン九州(51.7%)が最も多く、ルミエール(43.1%)、ハローデイ(34.5%)がこれに次ぐ。九州ではやや価格帯の高いハローデイとの併用が一定数見られるのは興味深い点である。

図表❷メーン利用チェーンと併用するチェーン

「安さ」「品揃え」「ポイント」に高評価

 次に、メーンで利用しているチェーンが競合チェーンよりも優れている点をたずねた(図表❸)。トライアルのメーン利用者では

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media