遠鉄ストア、マツキヨと組んでフード&ドラッグ業態を開発!その戦略と売場づくりとは

取材・文:雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

静岡県西部を本拠とする遠鉄ストア(静岡県/宮田洋社長)が、フード&ドラッグを志向した新たなフォーマット開発に注力している。今年4月にその第1号店を浜松市内にオープンし、順調な滑り出しを見せている。同店の全貌と、遠鉄ストアのフード&ドラッグ戦略の方向性についてレポートする。

“食品強化型マツキヨ”の誕生

 静岡県下最大の人口を誇り、遠州地方の中心都市となっている浜松市。市街地から北へ5kmほど離れた遠州鉄道線「さぎの宮」駅の目の前に、4月21日、あるドラッグストア(DgS)が新規オープンした。

 店名は「マツモトキヨシさぎの宮駅前店」(以下、さぎの宮駅前店)。マツキヨココカラ&カンパニー(東京都/松本清雄社長:以下、マツキヨココカラ)が今年初めから展開している新デザインを取り入れた店で、シックな外観が印象的だ。しかしこの店、単なる“マツキヨの新店”ではない。

マツモトキヨシさぎの宮駅前店
4月21日オープンした、遠鉄ストアがFC運営する「マツモトキヨシさぎの宮駅前店」

店舗概要
●オープン日: 2022年4月21日
●所在地: 静岡県浜松市東区大瀬町489
●営業時間: 9:00~20:30
●売場面積: 203坪
●駐車台数: 29台

 実は、同店を運営するのはマツキヨココカラではなく、浜松市を本拠に静岡県西部と愛知県東部で30店舗超の食品スーパー(SM)を運営する遠鉄ストアである。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media