マツキヨココカラ&カンパニーのトップに聞く!経営統合後、次の一手とは?

取材・文:小木田 泰弘
Pocket

2021年11月19日、マツキヨココカラ&カンパニーは経営統合後初となる決算説明会をオンラインで開催した。旧マツモトキヨシホールディングス(マツモトキヨシHD)と旧ココカラファインの22年3月期第2四半期(上期)までの業績説明に加え、統合後の重点戦略などが発表された。

同じ志を持つ「仲間」が集い、連合体構想を実現

マツキヨココカラのプロモーション広告
2021年11月19日、マツキヨココカラ&カンパニーは経営統合後初となる決算説明会をオンラインで開催し、統合後の重点戦略などが発表された。

──決算説明会の冒頭、マツキヨココカラ&カンパニーの松本清雄社長は次のように話した。

マツキヨココカラ&カンパニー代表取締役会長松本南海雄(左) マツキヨココカラ&カンパニー代表取締役社長松本清雄雄(右)
マツキヨココカラ&カンパニー代表取締役会長松本南海雄(左)
マツキヨココカラ&カンパニー代表取締役社長松本清雄(右)

松本社長 2020年4月の(ココカラファインとの)資本業務提携から始まり、シナジー獲得に向けた活動や両グループの機能別の協議、経営統合を見据えた戦略の策定などに取り組み、予定どおり21年10月1日に経営統合を果たした。これからは同じ1つのグループとしてさらに幅広い活動が行える。旧マツモトキヨシHDの強みと、旧ココカラファインの強みを最大限に活用し、経営目標の達成に向けて取り組んでいきたい。当社グループはグループ理念、グループビジョンの実現に向けて、さらなる両グループの融合を早期に図り、常にお客さまに寄り添える企業として社会・生活のインフラとなるべく、戦略を実行していく。さまざまな課題に適切に対処していくことで、美と健康の分野でアジアナンバーワンをめざしていく。

 当社グループは「美と健康」の分野でのリーディングポジションを確立すべく、26年3月期にグループ売上高1.5兆円、営業利益率7.0%を経営目標として設定している。これは、現在の当社グループのみの成長に加え、社名の「&カンパニー」の由来にある「仲間」という意味が示すとおり、同じ志を持つ「仲間」が集い、連合体構想を実現していくという2つの軸で達成していく目標だ。依然として新型コロナウイルスによる影響が不透明な状況だが、人々の毎日の生活や地域に対してより身近な存在であり続けられるよう常に挑戦を続けていく。

──旧マツモトキヨシHDの業績については次のように話した。

松本社長 22年3月期第1四半期は前年と比べて繁華街などに人が戻り、都市型店舗を中心に回復傾向となったことや、天候に恵まれたことでシーズン品が好調に推移した。第2四半期は、前年のマスク・除菌関連などの需要の反動があり、前年と比較すると厳しい状況で推移した。また、西日本の長雨など天候不順の影響もあった。利益面においては、減額されていた店舗の家賃が通常に戻るなど、販売費および一般管理費(販管費)は前年より増加した。一方で、現在の状況に合わせた経費コントロールの徹底や売価の適正化、プライベートブランド(PB)商品の販売拡大などの継続した取り組みのほか、前年からの旧ココカラファインとの経営統合に向けたシナジー創出の取り組みも寄与し、上期は増収・増益となった。

【ドラッグストア関係者様必読!】ダイヤモンド・ドラッグストアは隔月発刊!最新号はこちら!

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media