イオン都市型フォーマットのモデルとなるか!? イオンスタイル有明ガーデンの売場を徹底分析!

2020/08/20 05:45
矢野清嗣

6月17日、「住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン」(東京都江東区)がグランドオープンした。各種専門店のほか、高層マンション3棟約1500戸、劇場、ホテル、温泉施設などで構成される大型ショッピングセンター(SC)で、イオンリテール(千葉県)が運営する「イオンスタイル有明ガーデン」(以下、有明ガーデン店)が中核テナントとして入る。店舗周辺はタワーマンションが建ち並ぶ、都内屈指の人口増加エリア。都心立地でイオンリテールはどのような売場づくりに挑戦しているのだろうか。(調査日7月10日、19日)※本文中の価格はすべて本体価格

イオンスタイル
「イオンスタイル有明ガーデン」が入る「住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン」

コロナ禍でオープンが延期

 住友不動産は6月17日、東京都江東区に、「住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン」をオープンした。当社、4月24日にオープン予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開業が延期していた同施設。2カ月近く遅れてのグランドオープンとなったものの、近隣住民の生活を勘案し、食品売場を担う有明ガーデン店は5月15日に先行オープンしている。

 同SCは新交通ゆりかもめ「有明」駅、東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅から直線距離で400mほど離れた場所にある。有明ガーデン店は、SC1階部分に入居する。

 東京都における「イオン」「イオンスタイル」屋号の店舗数は16店、23区内は11店とほかの道府県と比べると少ない。イオン(千葉県)グループとしては系列の「ダイエー」「まいばすけっと」「ピーコック」などを東京都で展開しているが、中核のイオンリテールとしては、現状の店舗展開にはもどかしいところがあるのではないだろうか。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media