新店「イオンスタイル西ノ京小町」 商品だけじゃない“新鮮さ”にこだわった売場づくりとは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

イオンリテール(千葉県/井出武美社長)は、2022年11月2日、京都中京区に「イオンスタイル西ノ京小町」(以下、西ノ京小町店)をオープンした。商品の取り揃えにおいて、“新鮮さ”を重視したという西ノ京小町店の開店初日の様子をリポートする。(文中の商品価格はすべて本体価格)

イオンスタイル西ノ京小町店外観
イオンスタイル西ノ京小町店。オープン初日は入場制限がかかるほど来店客数が多かった。

地域住民の取り込みをねらう

 西ノ京小町店は、JR京都駅から山陰本線で10分の「円町」駅が最寄り駅で、南東へ約700mに立地する。周辺は新興住宅が連なる人口増加エリアであり、半径500m圏内は、近隣に小学校や中学校があることも手伝って子育て世代である30~40代の人口構成比が京都市の平均より高い。また、単身者世帯も多い地域となっている。そのような中、西ノ京小町店では、「“新鮮さ”にこだわった売場づくり」(本村幹夫店長)に注力している。

市場や漁港直送の新鮮な商品

 青果売場では、京都の地野菜コーナーを設け、京都市中央卸売市場から仕入れた野菜のほか、近隣の生産者の育てた農産物を販売する。取材日には、九条ネギやほうれん草、かぶ、さつまいもなど季節の野菜が並び、お客が次々と手に取っていた。

青果売場の京都の地野菜コーナー。
青果売場の京都の地野菜コーナー。

 鮮魚コーナーには、舞鶴漁港を中心に仕入れた「つばす」(458円)や「真あじ」(398円)、「ぐれ」(598円)などの丸魚が揃う。西ノ京小町店は売場面積997.4㎡と、小型店ではあるが、対面の鮮魚コーナーを設け、用途に応じて、二枚卸や刺身に調理をする。

舞鶴漁港から仕入れた丸魚が並ぶ鮮魚コーナー
鮮魚コーナーには舞鶴漁港から仕入れた丸魚が並ぶ。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態