イオンの住関品PB「ホームコーディ」が攻勢! 専門人材の投入で開発体制強化へ

中原 海渡 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

イオンリテール(千葉県/井出武美社長)は現在、「イオン」や「イオンスタイル」における「住居余暇」カテゴリーの販売に力を入れている。プライベートブランド(PB)の「トップバリュ ホームコーディ」(以下、ホームコーディ)を強化し、同カテゴリーの売上を伸ばすねらいだ。イオンリテールは262月期に向け、住居余暇売場のうち家電を除く「ホームファッション」カテゴリーに占めるホームコーディ商品の割合を現状の約45%から6570%まで引き上げるとしている。同社は商品開発部門の人材を増やし、開発体制の強化を図る。

ホームコーディの売場
ホームコーディの売場

開発コストの削減が可能に

 ホームコーディは「家具」「インテリア雑貨」「寝具・寝装品」「キッチン用品」「生活雑貨」「アウトドア用品」「家電」など約1600アイテムをラインアップするPBだ。80年代に旧ジャスコ(現イオン)のPBとして発足し、00年代に現ブランドに変更、各カテゴリーを集約した。現在、全国の「イオン」「イオンスタイル」などで販売している。

 商品を開発する部署は100人弱が在籍、商品の開発には約30人が携わり、製造の上流部分である生産プロセスに精通した専門技術を持つ人材をそれぞれのカテゴリーに配置している。「木製品」が1人、「繊維」が2人、「プラスチック」が1人、「家電」が2人、全体を統括するリーダーが1人の合計7人が商品開発を担う。

小河氏
小河氏

 各業種のメーカーなどから中途入社したというこの専門の人材が、商品開発をするうえで品質と生産効率の向上を可能にしている。イオンリテールの住居余暇本部ホームコーディ商品部の小河豊部長は、「専門人材は事務的な品質管理だけではなく、実際に工場まで訪問して生産工程に関与している。無駄な工程を減らし、開発スピードを上げることがコスト削減にもつながっている」と話す。

 たとえば、専門人材が素材の品質を確認し、商品の歪みや強度不足などの不具合を把握、問題があれば設計段階で修正する。以前はサンプルを作成するまで不具合の有無がわからなかったが、その工程を省略することでコスト削減を実現しているという。また、同人材による原材料の見直しも積極的に行うことで商品の品質向上につなげている。

 木製品の「ソファ前こたつ」(税込38280円)は、そうした過程を経て開発された商品だ。開発過程では、家具としての質感を高めるために旧型モデルから天板の材質を変更したほか、近年需要が高まっている「TYPE CUSBポート」を新たに備え付けた。各種コストの上昇があるなか、これらの改良を加えながらも価格は旧型モデルから据え置いている。

 今後の課題となるカテゴリーは、売場でメーカー商品の構成比率が高いアウトドア用品などだ。小河氏は「まだ専門的な人材を用意できていないカテゴリーが残されている。どのカテゴリーも商品開発において特別な技術や知識を必要とする商品が多く、ノウハウを持った専門家がいないと開発が難しい。今後も人材採用に力を入れていきたい」と語る。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態