イオンスタイル有明ガーデンの売場から感じた“脱GMS”の意識

2020/08/21 05:45
矢野清嗣

イオンリテール(千葉県)は5月15日、東京・有明エリアの大型商業施設内に「イオンスタイル有明ガーデン」を開業した。都内屈指の人口増加エリアにオープンした同店。前編では生鮮3部門の売場を解説した。後編では、注目の総菜売場のほか、日配、加工食品、菓子、酒類などの売場を見ていく。(調査日7月10日、19日)※本文中の価格はすべて本体価格

dcs200801eaon01

「潜在力」を秘めた総菜売場

 注目の総菜売場は、駐車場に通じる入口の近くに配置する。

 壁面にピザコーナーを6尺、量り売り総菜の「リワードキッチン」を18尺で展開するほか、焼き鳥や揚げ物、焼き魚などで48尺のスペースを割いている。

 ピザコーナーでは、「マルゲリータ」(1ホール580円、1/4カット148円)など6品目を販売。「リワードキッチン」では「濃厚デミグラスソースのまんまるハンバーグ」などおかずメニュー15品目のほか、サラダ11品目、ミートデリ10品目を扱う。

弁当コーナーで販売する「魚屋の焼魚弁当(銀鮭)」

 そのほか、壁面では、「グリルチキン照焼」(298円)、「豆乳入りだし巻玉子」(450円)、「餃子」(6個200円、20個597円)、「焼鳥」(10本598円)、「とんかつ」(398円)、「コロッケ」(50円)など各種総菜を販売している。

 島陳列では、「寿司」「サラダ」「麺」「弁当」などを並べている。とくに力を入れているのが寿司で、多彩なラインアップを提供する。調査日は「10貫」(698円)、「まぐろづくし9貫」(1480円)、「七種の海鮮魚河岸丼」(498円)などを販売するほか、週末は「紅ズワイガニを楽しむ魚河岸丼」(598円)もラインアップに加えていた。ほかにも「お稲荷」「中巻」「穴子にぎり4貫」などを揃えており、品揃えは多様だ。

5貫入りのような食べきりサイズの寿司も充実させている

 総菜売場のスペースは広く、対面販売(リワードキッチン)のようなきめ細かなニーズに応える商品政策も導入しており、機能的な売場と言える。ショッピングセンター全体にお客が入るようになれば、こうした取り組みが力を発揮すると思われる。潜在力を持った売場と言えよう。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media