イオンモール新業態「デュ アオーネ」の売場作りをレポート

取材・文:松岡 瑛理
Pocket

ショッピングセンター(SC)の開発・運営を行うイオンモール(千葉県/岩村康次社長)は10月20日、東京都目黒区に商業施設「JIYUGAOKA de aone(自由が丘デュアオーネ:以下、デュアオーネ)」をオープンした。同社が初めて東京23区内に出店する同施設は、従来の郊外型モールとは異なる都市型商業施設をめざす。核店舗となるピーコックストアを中心に、売場づくりの模様をレポートする。

地域の「出会いの場」としてモールの役割を再定義

 イオンモールは国内167、海外34のSCを手がけており(2023年10月現在)、都内では「イオンモールむさし村山」(東京都武蔵村山市)、「イオンモール日の出」(東京都西多摩郡日の出町)など、郊外を中心に出店を行ってきた。デュアオーネは郊外型SCとは異なる「都市型商業施設」という新たな業態となる。

デュアオーネ 外観
JIYUGAOKA de aone 施設概要
●所在地: 東京都目黒区自由が丘2-15-4
●営業時間: 専門店 10:00~20:00、ピーコックストア 9:00~23:00
●売場面積: 3500㎡(施設全体)、1025㎡(ピーコックストア)

 同施設は、東急東横線・東急大井町線「自由が丘」駅から200mの場所にある。イオンマーケット(東京都)の食品スーパー(SM)「ピーコックストア自由が丘店」跡地に開発された。ピーコックストアは核店舗のSMとして地下2階に再出店を果たしている。デュアオーネ、核店舗のピーコックともに年商目標は非公表。

 建物構造は地下2階、地上4階建て。3階には約1000㎡のテラスを設置し、年間を通してヨガ、マルシェ、ワークショップなどのイベントを行っていく予定だ。

「デュアオーネ」3階のテラス空間
「デュアオーネ」3階のテラス空間。テーブルや椅子が並べられ、休憩やイベントへの参加が可能だ

 地下1階と1階にはベーカリー、カフェ、2階はアパレルブランドやヘアサロンなど、計26の専門店が入る。1階を除いてはアウターモール(路面店の佇まいを持つ外部環境としての店舗フロア)として設計され、緑道とともに自由が丘の街を散策している感覚が味わえる。

 同施設が開業した土地は、イオングループが保有する資産の1つ。自由が丘エリアは都心からのアクセスがよく、専門店や飲食店の多い商業エリアであると同時に、住宅街も広がることから、商業施設の利用ニーズは大きいと見て出店に至った。

 新業態を開発した背景として、イオンモールでは現在、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態