GMSから飲食施設フラリキョウバシへ、イオンモールが実験する移動販売事業とは

取材・文:森本 守人 (サテライトスコープ代表)
Pocket

イオンモール(千葉県/岩村康次社長)は、大阪府の京橋駅前に、開放的な露店風飲食施設の「FULALI KYOBASHI」(フラリキョウバシ)をオープンした。リアル店を主力とする同社では、新たなビジネスのノウハウ構築をめざした実証実験の意図もある。

今秋、フードホールも開業

 今年7月20日、フラリキョウバシがオープンしたのは総合スーパー(GMS)業態だった旧「イオン京橋店」(大阪市都島区)の跡地。2019年9月の閉店以降、更地となっていた。JR西日本大阪環状線「京橋」駅前で、ほかにも京阪電鉄、大阪メトロが乗り入れ、同駅は大阪でも有数のターミナル駅のひとつとして知られる。

 周辺は、大阪市が「都市再生緊急整備地域」に指定するエリア。経済成長戦略上、魅力とにぎわいある拠点として位置づけられている。

 行政が示すこうした方針の中、イオンモールでは従来にない商業施設を立案し、出店した格好だ。なお中期的には同地を新たな成長戦略のもと再開発する計画で、今回は暫定的な取り組みとなる。

 フラリキョウバシの敷地面積は1万4800㎡、コンセプトに掲げるのは「Next Scene, Next toYou」。多様なスタイルの飲食店のほか、イベントを開催するゾーンを備える新しい商業施設である。開業時の店舗数は約20。

 飲食分野は、大きく3つのエリアに分かれる。1つはキッチンカーエリア。移動販売車がズラリとならび、利用客は好きな店に立ち寄って気軽にテイクアウトができる。次は屋台エリア。仕事終わりや休日などに、屋外の開放的な環境で食事を楽しめる。最後は話題の飲食店や定番メニューを提供するフードホールで、今秋からの開業(約6店舗)を予定する。

キッチンカー
キッチンカーや屋台が並び、開放的な環境で飲食を楽しむことができる

 ほかにも大阪府最大級

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

取材・文

森本 守人 / サテライトスコープ代表

 京都市出身。大手食品メーカーの営業マンとして社会人デビューを果たした後、パン職人、ミュージシャン、会社役員などを経てフリーの文筆家となる。「競争力を生む戦略、組織」をテーマに、流通、製造など、おもにビジネス分野を取材。文筆業以外では政府公認カメラマンとしてゴルバチョフ氏を撮影する。サテライトスコープ代表。「当コーナーは、京都の魅力を体験型レポートで発信します」。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態