イオンモールの新コンセプト商業ゾーン「nONIWA」、そのねらいとは

文:森本 守人 (サテライトスコープ代表)
Pocket

イオンモール(千葉県/岩村康次社長)は10月14日、「イオンモール羽生」(埼玉県羽生市)の敷地内に新たな広場「nONIWA(ノニワ)」を開設した。敷地内に専門テナントを集積した外部棟を新設したほか、お客が集まりくつろげる「庭」のような空間を演出している。また、地域の特性を勘案したテーマを主軸に商圏内のお客のニーズに応えている。イオンモールはこの取り組みを他の既存店にも展開していく考えだ。

商圏特性を生かし各エリア「の庭」に

 イオンモールは2024年2月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を立てている。そのなかで成長方針として掲げているのが、「ヘルス&ウエルネスプラットフォームの創造」と「国内外におけるリージョナルシフトの推進」だ。この2つを体現した取り組みが、新コンセプトの広場「nONIWA」となっている。

 「nONIWA」は「~の庭(ノニワ)」を意味する。「多様な生活スタイルや趣味に深く関わる専門店との出会い」「人と人がつながる時と場」「心地よい広場・環境」をテーマに、楽しい体験や交流を促すことで、従来とは異なる価値を提供する。イオンモールの開発企画統括部 企画設計部長の酒井利之氏は「従来の商業施設では得られない、地域をつなぐ場としての体験価値を『nONIWA』を通じて提供したい」と話す。

 「nONIWA」が入るイオンモール羽生は07年に開業した大規模商業施設で、核店舗の「イオン羽生店」と200の専門店が入るほか、映画館やアミューズメント施設を擁する。

 「nONIWA」の導入により、これまで敷地内の西側で平面駐車場として活用していた場所に広場を設置し、周辺にアウトドア専門店を集積した外部棟を新設した。

 広場の特徴は、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

森本 守人 / サテライトスコープ代表

 京都市出身。大手食品メーカーの営業マンとして社会人デビューを果たした後、パン職人、ミュージシャン、会社役員などを経てフリーの文筆家となる。「競争力を生む戦略、組織」をテーマに、流通、製造など、おもにビジネス分野を取材。文筆業以外では政府公認カメラマンとしてゴルバチョフ氏を撮影する。サテライトスコープ代表。「当コーナーは、京都の魅力を体験型レポートで発信します」。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態