オンラインとリアル店舗の良いとこ取りしたONWARD CROSSET STOREの成果とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

見るべき店大

アパレル大手オンワードHD(東京都/保元道宣社長)傘下のオンワード樫山(東京都/保元道宣社長)が、OMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)型新業態の「ONWARD CROSSET STORE/SELECT(オンワード・クローゼット・ストア/セレクト)」を2021年4月にオープンした。リアル店舗とオンラインの「よいとこ取り」によって、お客の支持を拡大させている。

クリック&トライが好調、すでに店舗売上高が伸長

 「ONWARD CROSSET STORE/SELECT」は、ECとリアル店舗のそれぞれのよさを組み合わせた店づくりを志向しているのが特徴だ。この新業態の店舗数は当初の3店舗から22年2月現在、新規出店、業態転換を含め16店舗まで拡大している。

ONWARDCROSSET STOREららぽーとTOKYO-BAY
「クリック&トライ」などECと連動したサービスを導入するほか、オンワード樫山が有するさまざまなブランドを編集して売場に陳列する
ONWARDCROSSET STOREららぽーとTOKYO-BAY
●所在地: 千葉県船橋市浜町2-1-1ららぽーとTOKYO-BAY 南館1F
●電話番号: 047-421-7170
●営業時間: 10:00~20:00(月~木) 10:00~21:00(金・土・日・祝)
ONWARDCROSSET STOREららぽーとTOKYO-BAY 小幡準樹店長
小幡準樹店長

 オンワード樫山はコロナ1年目の21年2月期において、リアル店舗での売上が低迷する一方で、直営オンラインストア「ONWARD CROSSET」をはじめとするECでの業績が好調。同社OMO Div. の前川真哉課長は、新業態にチャレンジした理由を「コロナ禍で多くのお客さまにECをご利用いただいた。ECの利便性と、店舗でしか提供できない『試着』という優位性を掛け合わせたかった」と説明する。

 「オンワードが扱うブランドは中~高価格帯で決して安くない。そのため、ECで買物をするときに、体形に合うシルエットか、素材の触り心地は好みかを実際に確認したいというニーズが根強くあった。『EC で商品をチェックし、店舗で試着する』仕組みを構築できないかと考えた」(前川氏)

 これを実現するのが、「クリック&トライ」というサービスだ。お客はECサイト「ONWARD CROSSET」から試着したい商品を選ぶ。通常の試着は各店舗の在庫商品に限られるが、「クリック&トライ」では、オンワード樫山が展開するほぼすべてのアイテムが店頭で試着可能になる。最短4日間というタイムラグはあるものの、「EC で気になった商品を試着したい」というニーズを満たすサービスだ。

 「クリック&トライ」は好調で、「ONWARD CROSSET SELECT高知大丸」において21年3~7月の売上のうち

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media