『KASHIYAMA』オーダーメイドはなぜ、オンワード品質で3万円、1週間納品が可能なのか? 

小内三奈
Pocket

2017年からメンズ向けのオーダーメイドブランド『KASHIYAMA』を展開してきたオンワードパーソナルスタイル(東京都/関口猛社長)。在宅勤務・オンライン会議の増加による働き方の変化により、デザイン性と機能性を兼ね備えたファッションへのニーズが高まる中、新たなワークスタイルを提案する「EASY(イージー)」の売上が好調だ。すでに海外展開もスタートしている「EASY」の独自性とはどこにあるのか。関口猛社長を取材した。

オンライン会議時代の新たなワークスタイルを提案

入力画面
微調整も可能なオンラインオーダー画面

―オーダーメイドの新ライン「EASY」の特徴とは?

関口 コロナの影響で働き方は大きく変化しました。クラシックなスーツの需要が減少する中で、それに変わるワークスタイルを提案しようと「EASY」という新たなラインを投入したのです。すでに展開していたクラシックスーツの「the Smart Tailor」より3000円程度安い29700円~という価格帯です。

 程よいトレンド感があり、機能的でデイリー使いができる、家庭で簡単に洗濯できる、動きやすいのが特徴です。メンズであれば「軽くて涼しい 長時間でも快適」「雨を弾くから汚れにくい」「すぐ乾くから毎日洗える シワにも強い」とう3つのカテゴリー提案があり、自分に合ったアイテムを選びやすい点もポイント。生地にもこだわり、伸縮性があってしわになりにくい、超軽量、撥水加工されている、家庭で洗えるなど、とにかくさまざまな工夫をしています。

―統計学を活用したオンライン完結型の採寸システムを取り入れたと聞きました。

関口 クラシックタイプのオーダーメイドスーツ「the Smart Tailor」は、初回のご注文ではリアル店舗でスタッフが採寸させていただくのが基本ですが、オンラインのみでも精度の高いオーダーが完結するシステムを開発しました。

 オンラインオーダーでは、撮影した写真データを元に採寸する方法もありますが、背景や被写体との距離などによって誤差が生じやすく、正確性に劣ります。研究に研究を重ねた結果、「EASY」では東京大学発の3D関連アルゴリズム技術と創業時から蓄積された当社のデータを活用し、統計学を取り入れた独自の採寸システムを採用しています。

―具体的な注文方法はどのようなステップで行うのでしょうか?

関口 生地、デザインを選んだ後、身長、体重、年齢を入力。次に、お腹、胸、おしり周りの形状、さらに身長に対する腕の長さ、身長に対する脚の長さをそれぞれ3つの選択肢から選びます。

 家にいながら、オンラインで、自分の体型にジャストフィットしたアイテムを時間をかけずに購入できるのは魅力だと思います。実際に試した社員からは、手での採寸と全く変わらなかったという声も聞きます。またデータが保存されるので、2着目からはさらにスピーディーに注文が可能。1着目の着心地から自分好みに微調整することもできます。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media