売上拡大中!オンワードの“白シャツに特化”したブランドが「D2C」にこだわる納得の理由

小内三奈
Pocket

20209月のデビューから約1年半、オンワード樫山(東京都/保元道宣社長)が展開するD2Cブランド「ハッシュニュアンス(#Newans)」が好調だ。社内にパタンナーもデザイナーも置かず、企画段階から消費者を招いて「座談会」を開催し、消費者の声を商品へと具現化していくスタイルをとる。SNS時代の女性のクチコミ効果に着目し、見事、消費者参加型の商品企画を成功させる「ハッシュニュアンス(#Newans)」の強さはどこにあるのか。プロジェクトリーダーの田野井哉恵氏に聞いた。

メーンアイテムは白シャツ、SNSのクチコミでファンを獲得

展示会
2021年6月の展示会で発表されたビッグリボンシャツ

 在宅勤務、二拠点生活、ワーケーションなど、コロナ禍でさまざまな働き方をする人が増えている。そうした多様な働き方をする女性たちに寄り添う服というコンセプトを打ち出し、多くのファン心を掴んでいるのが「ハッシュニュアンス(#Newans)」だ。Instagramを中心としたクチコミによって、幅広い年代の女性に支持されている。 

 ブランドのメーンアイテムは、白シャツ。「きちんと感がありながらも、リラックスできる。そして、誰でも持っているものは何か? とさまざまな議論を重ねて、たどり着いたのが白シャツだった」と語るのはプロジェクトリーダーの田野井哉恵氏。

 チーム編成は、田野井氏を筆頭に、20代のメンバーを中心に5名のみ。D2Cブランドとして実店舗は一切持たない。公式ファッション通販サイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)のみで販売し、SNSを使った「共創マーケティング」を掲げたブランド運営を行う。

 「お客さまと共に創る、という意味での『共創マーケティング』。どんな形がいいのか、どんな色がいいのか、企画段階から座談会やSNSでのアンケート調査を行うなど、『自分ごと化』してもらうことが狙い。販売前から参加してもらい、販売までの間にどんどん期待値が高まっていくことで、SNSで発信したいという方も増える。女性ならではのクチコミ効果は絶大」(同)。

 消費者に対して実施したアンケート結果は商品企画に生かせるだけでなく、同時に商品PRまでできてしまうという。「さらに、アンケートからは人気商品も見えてくるので、販売予測もしやすい。数値設計もスムーズになる」(同)。

 Instagramを最大限活用し、D2Cならではの消費者とのダイレクトな関係性を作り上げることに成功。フォロワー数は2.5万人に達し、売上は前年の1.8倍と順調に推移している。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media