オーケー、関西スーパー買収意向を正式表明  株主に求める5つの再検討項目とは?

2021/09/03 20:28
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

エイチ・ツー・オーリテイリング(以下H2O、大阪府/荒木直也社長)と関西スーパーマーケット(以下、関西スーパー、兵庫県/福谷耕治社長)が経営統合を発表してから3日後。首都圏を地盤に食品スーパーを展開するオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)が経営統合に対し、プレスリリースを発表。関西スーパーの第3位株主であるオーケーは、今回経営統合で反対票を投じること、またH2Oとの経営統合が撤回された場合、関西スーパーに対し、株式公開買い付け(TOB)による買収を行う意向があることを正式に発表した。

■オーケーは3日、正式に関西スーパーのTOBによる買収を行う方針を発表した
オーケーは3日、正式に関西スーパーのTOBによる買収を行う方針を発表した

 9月3日、オーケーは同社ホームページ上で「株式会社関西スーパーマーケットによる エイチ・ツー・オー リテイリンググループとの経営統合等に関するプレスリリース」と題した報道機関向け資料を公開した。

 この3日前に当たる8月31日、関西スーパーは資本業務提携関係にあるH2Oと経営統合すると発表しており、これに対してオーケーが待ったをかけたかたちだ。同社は関西スーパー株主の賛同を得ることを通じて、H2Oと関西スーパーの経営統合を阻止し、関西スーパーの買収を通じて関西エリアへの進出を図りたい考えだ。

オーケーが3日、ホームページ上で公開した報道機関向け資料
オーケーは3日、ホームページ上で本経営統合に関する報道機関向け資料を公開した

 オーケーが公開した資料には、本件に関するオーケーの一連の行動と今後の意向が計9ページにわたって詳細に記されている。

 オーケーは、関西スーパー株式の7.69%を有する大株主だ。本買収に関してすでにさまざまな報道がされるなか、10月29日に実施される臨時株主総会を前に、オーケー側からも公式に情報を発信し、関西スーパーの株主の判断を仰ぐ。

 本資料によるとオーケーは、H2Oと関西スーパーが経営統合を発表する以前の21年6月から、関西スーパーに対して、同社の上場来最高値(1992 年2月 10 日)と同値である1株当たり2250 円で上限なしという条件で、TOBを実施する提案を行ってきたという。

 しかし、関西スーパーから実質的な協議の場は設けられず、「株主利益の最大化」という観点から公正な比較検討がきちんとなされたのか、オーケーが疑問を呈している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media