オーケーが関西スーパー株全株を売却=変更報告書

ロイター
Pocket

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと関西スーパーマーケットのロゴマーク
食品スーパーのオーケー(神奈川県横浜市)が、保有していた関西スーパーマーケット株をすべて売却した。写真はエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと関西スーパーマーケットのロゴマーク。大阪市北区で8月撮影(2021年 時事通信)

[東京 22日 ロイター] – 食品スーパーのオーケー(神奈川県横浜市)が、保有していた関西スーパーマーケット株をすべて売却した。関東財務局に22日提出した変更報告書によると、直近の報告書で8.04%と記載されていた保有比率がゼロになった。

最高裁が14日、関西スーパーとエイチ・ツー・オー リテイリング子会社との経営統合に関して、統合手続きの差し止めを求めたオーケーの抗告棄却を決定。オーケーはこれを受けて関西スーパーへの公開買い付け(TOB)の再提案は行わず、保有株式を関西スーパーに売却すると発表していた。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media